【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. 一般人 より:

    まぁ、似たようなゲーム作ったならポケモン側も黙っちゃいないだろうな。(汗)所で、ウォロの小説は打つのやめます。短編を代わりに打ちます。後、金色のガッシュベルは打つのやめます。内容が思い付かん!獣人との暮らしと金田一少年の事件簿は後で打ちます。
    ゆかりん「えっ!?」
    ???「おい、立夏、急に話しかけたらゆかりんがビックリするだろ。」
    ???「あ、そうだね。ごめん。」
    ???「ゆかりん、立夏が悪かったな。」
    ゆかりん「嫌、気にしてないから大丈夫だよ!」
    ???「あっ!所で、自己紹介遅れたね!僕は、寅谷立夏!よろしくね!」
    ???「俺は、卯都木悠人だ。よろしくな。おい、皆も自己紹介しろ。」
    ???「あ、ああ。俺は、お前の隣の席の御子柴恭介だ。その、よろしく。」
    ???「僕は、巳城タクミでーす。まぁ、仲良くしてねー。」
    続く。

  2. プラム より:

    何か、ポケモン側がパルワールドに苦情を出したらしいぞ。(汗)まぁ、そりゃ似てるゲームなら苦情出すだろうな。(汗)じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  3. 一般人 より:

    俺も、それ画像で見たけれど、マジでそっくりだったぞ。(汗)いいのかなぁ?パクっちゃって。(汗)
    そして、麻季は教室の中に入った。
    ???「起立!おはようございます!」
    ???「おはようございます!」
    ???「着席!」
    麻季「えーと、今日は転校生が来たので紹介する。入って来なさい。」
    ゆかりん「はい。」
    ゆかりんは教室に入った。
    ゆかりん「(ゆかりん心の声)えっ!?何?このクラス!男子しかいないじゃない!何で?」
    麻季「えーと、今日からこのクラスに入った豊臣ゆかりんだ。皆、仲良くするように。」
    ゆかりん「と、豊臣ゆかりんです。どうぞ、よろしくお願いします。(汗)」
    男子共「(男子共の心の声)可愛いー!」
    麻季「では、豊臣はそうだな、御子柴の隣が空いてるから御子柴の隣に座れ。」
    ゆかりん「は、はい!」
    ゆかりんは席に座った。
    ゆかりん「よろしくね。」
    ???「お、おう。こちらこそよろしく。////////」
    そして、昼休み。
    ゆかりん「ハァ、やっと昼休みになった。(汗)」
    ???「ねぇねぇ、ゆかりんちゃん!一緒にお昼食べようよ!」
    続く。

  4. ヴァン より:

    そう言えば、ポケモンに似ているゲームがあるんだってな。名前は、パルワールドと言うそうだ。

  5. 一般人 より:

    アーティはコップを持つと下に降りた。
    そして。
    アーティ「ゆかりん、ンッ。」
    ゆかりん「ンッフッ。」
    アーティはゆかりんにキスした。
    ゆかりん「ちょっと!何するのよ!////////」
    アーティ「何ってゆかりんとキスだけど?それよりもさぁ、風邪の時は汗をかくといいんだぜ?」
    ゆかりん「えっ!?そうなの?」
    アーティ「ああって事で。」
    そう言うとアーティはゆかりんのベッドに入った。
    アーティ「一緒に汗かこうぜ?」
    ゆかりん「えっ!?ま、まさか!エッチするの?」
    アーティ「ご名答。」
    そう言うとアーティはゆかりんのパジャマのボタンを外した。
    続く。

  6. 一般人 より:

    今、帰ったぞ。間違いさん、どうもありがとう。

  7. 間違い より:

    でも、アニメ逃走中終わったら今度は、何やるんだろうね?何もないんじゃね?知らんけど。
    アーティ「はい、ゆかりん、あーんして!食べさせてやるよ!」
    ゆかりん「えっ!?い、いいよ!自分で食べれるし!」
    アーティ「遠慮するなって!ほら!風邪の時くらい甘えろって。」
    ゆかりん「う、うん。じゃあ、あ、あーん。」
    アーティ「あーん、どうだ?美味いか?」
    ゆかりん「う、うん。美味しいよ。////////」
    アーティ「そうか!そうか!よし!どんどん食べろ!」
    そして、ゆかりんはお粥を間食した。
    ゆかりん「ハァ、美味しかった。」
    アーティ「次は、薬だな。ゆかりん、病院に行ったんだろ?」
    ゆかりん「うん、行ったけどそれがどうかしたの?」
    アーティ「ああ、それでお前、薬何処に置いたんだよ。」
    ゆかりん「テーブルの上に置いてあるけれど?」
    アーティはテーブルの上に置いてある薬を見つけた。
    アーティ「ああ、これか。よし。」
    続く。

  8. マーブル より:

    ポケモンZAが発売されたら絶対買わないとな!所で、逃走中のアニメっていつまでやってるんだろうね?

  9. 間違い より:

    確かに、それは言えている。じゃあ、俺が代わりに小説打つね。
    千尋は舌なめずりしながら言った。
    ゆかりん「ち、千尋さん、あんまり見ないでよー。///////」
    千尋「何で?可愛い体だぜ?」
    ゆかりん「ウウッ!////////」
    千尋はゆかりんの胸を舐めたり揉んだり吸ったり甘噛みしたりした。
    ゆかりん「ンンッ!/////////」
    千尋「クスッ、いい反応だな。もっと、お前の表情見せろよ?」
    千尋はそう言うとゆかりんの秘部に指を入れた。
    ゆかりん「ヒャッ!////////」
    千尋「ンッ、濡れてる。嬉しいね。」
    千尋は指をバラバラに動かした。
    ゆかりん「あっ!痛い!」
    千尋「悪い、初めてにはキツイか?」
    ゆかりん「ううん、大丈夫。続けて?」
    続く。

  10. 佑香 より:

    そうだねー。ちゃっとチャットの連中は、頭おかしいしサイコパスだし頑固者だし人の事を平気で傷付ける連中が多いからね。あの、サイトから逃げた一般人さんは本当に正解だと思うよ。あんな、サイトはもう二度と利用しない方がいいよ。管理人も、利用者の要望全然実行しないしね。何か、今後検討いたしますって出すだけで、何もしないんだもんね。今後検討するじゃなくて今すぐ実行すべきでしょうよ。(汗)皆、困ってるのに今すぐ実行しないって言うのはどうかしてると思うね。本当に。

  11. 間違い より:

    一般人さん、行ってらっしゃい。今日のテーマは、おかしな事ですがいいや。ウーン、ポケモンがブラックとホワイトじゃなかったのは残念だけど、寧ろカミツレと戦わなくてもいいと思うと楽かも。まぁ、もしもブラックとホワイトをスイッチ版にリメイクした場合ですけどね。(汗)ってか、名無しはスカーレットバイオレット雑談掲示板にまで来て一般人さんの事を荒らしだの自作自演だの言うのやめてほしいんですよね。そんな事いつまで騒いでるんでしょうね。いい加減に水に流せばいいのに。心が狭いんですかね?一度、名前変えたぐらいでそんなふうに荒らしだのなんだの騒ぐなんて。馬鹿としか言いようがないですよね。本当、有り得ませんよ。とてもじゃないけれど、正気の沙汰とは思えませんね。

  12. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来たから仕事に行くね。所で、皆は残念だって思った事ある?俺は、ポケモンのブラックとホワイトが出るって思ってたのに急にXYになったからちょっと残念だったな。じゃあね。

  13. 理由 より:

    確かに、ブックマーケットにトイレないのは酷いよな。多分、従業員専用の所にでもあるんじゃね?知らんけど。じゃあ、明日の担当は、間違いさんだぜ。よろしくな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  14. 一般人 より:

    今日は、ここまでにします。また明日打ちます。そうだねー、後はブックマーケットはその他のアニメの所見やすいようにしてほしいし、後は、お客様用のトイレを作ってほしい物だね。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  15. プラム より:

    それよりも、ブックマーケットって前は結構店舗あったけど、今は、利府にしかないんだよな。やっぱり、売れなかったのかなぁ?じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  16. 一般人 より:

    千尋「あのさぁ、ゆかりん。そろそろ抱いてもいいか?」
    ゆかりん「えっ!?////////」
    千尋「駄目か?」
    ゆかりん「駄目ではないけれど、その私初めてなの。////////」
    千尋「えっ?マジか。じゃあ、怖いよな。」
    ゆかりん「うん、でも千尋さんなら大丈夫。信じてるから。」
    千尋「そうか。ありがとう。じゃあ、するぞ?いいか?」
    ゆかりん「うん。」
    千尋はゆかりんにキスするとゆかりんをベッドに押し倒した。
    ゆかりん「ち、千尋さん、眼鏡外さないの?」
    千尋「ンッ?外してほしいのか?」
    ゆかりん「嫌、別にどっちでもいいけど。」
    千尋「じゃあ、眼鏡したままするか。」
    千尋はそう言うとニコリと笑うとゆかりんの服を脱がした。
    千尋「へぇ、綺麗な体だな。」
    続く。

  17. 健太郎 より:

    ウーン、どうなんだろうか?ポケモンのフィギュア気に入ってたら誰も売らないもんね。ちょっと難しいな。

  18. 一般人 より:

    レスト「ウーン、もしかしたらそのゼークス帝国の奴らに嘘を教えられてるのかも。」
    ゆかりん「えっ?嘘を?」
    レスト「うん、まああくまで僕の勘だけどね。」
    フレイ「つまり、ゼークス帝国の奴らはダグに嘘の情報を教えてるかもしれないって事?」
    レスト「うん、でもあくまで僕の勘だから何とも言えないけれどね。」
    ゆかりん「兎に角、竜の間に行ってみましょう。セルザが心配だわ。」
    レスト「そうだね。行こう。」
    そして、ここは竜の間。
    フレイ「セルザ、戻ったよ。」
    セルザウィード「うむ、よくぞ戻ってきた。」
    ゆかりん「ちょっと、セルザ!起きてて大丈夫なの?」
    セルザウィード「ああ、朝よりは大分気分もマシになった。所で、ヨクミール森には何かあったのか?」
    レスト「ああ、ヨクミール森には地下があってそこでチロリが青い石を気にしててさ、そんでデッドツリーを倒したらそのチロリがデッドツリーがいた場所に青い石を置いてほしいって言ってたから置いてきたら何か心が温かくなったんだ。」
    続く。

  19. まりん より:

    今日のテーマは、影響力ですがいいや。ってか、ポケモンのフィギュアって店に少ないですよね!皆、あんまり売らないのかな?

  20. マーブル より:

    一般人さんお帰り。ってか、何で、名無しはスカーレットバイオレット雑談掲示板に一般人さんがいる事に気付いたのかな?誰かがチクったのかそれとも、ずっとスカーレットバイオレット雑談掲示板を見ていてキレて書き込んだのか。全く、分らんな!ってか、未だに一般人さんに対して何か言ってるっぽいな。いい加減ウザいんだけど。(怒り)

  21. 一般人 より:

    ウーン、そうかもね。所で、先出掛けた先から帰ってきた。
    ゆかりん「何言ってるの?ダグ?私達は、セルザを助けたいのよ!」
    レスト「そうだよ!一体、どうしたのさ、ダグ。」
    ダグ「あのなぁ、お前らよく聞けよ!セルザウィードは!あいつは、俺の村を滅ぼした張本人なんだ!」
    フレイ「ええっ!?な、何ですって!?」
    レスト「そんなの嘘に決まってるよ!」
    ダグ「嘘なんかじゃない!俺の、仲間の連中ゼークスの連中に聞いたんだ!」
    フレイ「ゼークス?」
    ダグ「ああ、ゼークス帝国って言う国があるんだけど、そこの連中が言ってたんだよ!間違いない!」
    ゆかりん「ダグ、でも、セルザは記憶を失ったレストに優しくしてくれたじゃない!町にも住まわせてくれたし!」
    レスト「そうだよ!セルザウィード様は悪い龍なんかじゃないよ!」
    ダグ「そんなの偽りの優しさに過ぎないよ!俺は、騙されないからな!兎に角、お前らがセルザウィードを助けたいんなら俺は、全力でお前らを阻止してやる!」
    そう言うとダグはその場を去った。
    フレイ「ダグ!」
    ゆかりん「ダグったら一体どうしちゃったのかしら?」
    続く。

  22. 佑香 より:

    私は、寒いのも暑いのも嫌いだね。ちょうどいい、季節って春じゃないかな。

  23. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来る。所で、まだ寒いねぇ!皆は、寒いの苦手?俺は、苦手だぜ!

  24. 理由 より:

    あー、スカーレットバイオレット雑談掲示板でしょ。本当、しつこい野郎だね。いい加減にしてもらいたいわ。(怒り)じゃあ、明日の担当は、まりんさんだぜ。よろしくな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  25. プラム より:

    また、名無しが一般人さんに何か言ってるみたいだから見ない方がいいよ。嫌な気持ちになるだけだし。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  26. 一般人 より:

    獣人との暮らしを打ちます。
    ゆかりん。普通の人間で獣人のラウルと暮らしている。ラウルと付き合っている。
    ラウル。狼の獣人で、ゆかりんと暮らしている。ゆかりんと付き合っている。コンビニでバイトしている。
    イヌタク。犬の獣人で、ゆかりんの事が好き。ゆかりん達の事は「さん。」付けて呼んでいる。
    オオカミオ。狼の獣人で、ゆかりんの事が好き。一匹狼。見た目は怖い感じの狼だが実は、心優しい性格。
    ライオネル。ライオンの獣人で、ゆかりんの事が好き。警察官。真面目な性格だがドジを踏むこともある。
    以上です。今日は、帰ってきたのが遅かったのでここまでにします。また明日打ちます。それじゃあ、また明日コメントしようぜ。

  27. 一般人 より:

    ボタン「そうなん、二人共よろしくね。じゃあ、うちはこれで。本当に、ありがとう。」
    そう言うとボタンはその場を去った。
    ゆかりん「ねぇ、ネモちゃん、あいつら誰だったの?」
    ネモ「ああ、あいつらはスター団って言う悪い奴らなのよ!学校でも結構有名な不良野郎共でさ、こっちも困ってるのよ!あいつら、ああやって他の学生をスター団に勧誘しようとしているの!」
    ゆかりん「へぇ、何か面倒臭い人達なんだね。」
    ネモ「そうなんだよねぇ!さぁ、オレンジアカデミーはもうすぐだよ!行こう!」
    そして、ここはアカデミーの前。
    クラベル「あっ!ゆかりんさん!ネモさん!無事にここまで来れましたか!」
    ネモ「はい、クラベル校長先生。」
    クラベル「ネモさん、ここまでゆかりんさんを連れてきてくれてありがとうございます。」
    ネモ「いえいえ、どういたしまして!」
    クラベル「では、ゆかりんさん、職員室に移動しましょう。」
    ゆかりん「はい、分かりました。」
    そして、ここは職員室。
    続く。

  28. 夕月 より:

    本当に、面倒な人達だよねー。所で、利府に新しくセブンが出来ていたぞ。

  29. 一般人 より:

    722コメントおめでとう。本当に、そう思うよね。
    ???「あ、あの、うちは。」
    ネモ「コラッ!あんた達!」
    スター団の下っ端A「ゲッ!生徒会長のネモだ!」
    ネモ「あんた達、生徒を無理矢理勧誘するのは禁止だって言われてるじゃない!」
    スター団の下っ端B「五月蠅い!文句があるなら俺達と勝負しやがれ!」
    ネモ「んもー!しょうがないわね!ゆかりん、こいつら勝負して蹴散らしちゃいましょう!」
    ゆかりん「ええ!」
    そして、ゆかりん達はスター団の下っ端共を倒した。
    スター団の下っ端A「ウワァ!や、やられた!」
    スター団の下っ端B「何だよ!こいつら!強いじゃん!ここは、潔く!」
    スター団の下っ端二人「逃げろー!」
    そう言うとスター団の下っ端達は逃げていった。
    ???「あの、二人共ありがとう。」
    ネモ「どういたしまして!ってか、あんた見慣れない子だね。何て名前?」
    ???「うちは、ボタン。よろしく。貴方達は?」
    ゆかりん「私は、町川ゆかりん。よろしくね。」
    ネモ「私は、生徒会長のネモ!よろしくね!」
    続く。

  30. マーブル より:

    お帰り、全くいつまで荒らしだのなんだのって騒いでるんだろうね。本当にしつこいわ。(怒り)