【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. カイラ より:

    面白いゲームか!妖怪ウォッチシリーズじゃないか!難しいが、面白いぞ!って、妖怪ウォッチに出演している俺が言うのも何だかな。(汗)

  2. 一般人 より:

    ゆかりん「そうねぇ、観覧車の一番上でキスすると二人は永遠に結ばれるんだって。」
    マチス「そうなんですか?では、やってみましょう!」
    そして、観覧車が一番上に来るとマチスはゆかりんにキスした。
    マチス「これで、私達は永遠に一緒に結ばれまーす!」
    ゆかりん「そうだね。」
    マチス「では、早速ホテルにゴーです!」
    ゆかりん「マチスさん、気が早いよ。///////」
    そして、ここはホテル。
    マチスはゆかりんにキスするとゆかりんをベッドに押し倒した。
    マチス「では、これよりゆかりんを抱きます!覚悟はよろしいでございますかー!」
    ゆかりん「よく分かんないけど、その言い方怖いー!」
    マチス「ホォ?では、ゆかりんを抱きます!」
    ゆかりん「省略したー!」
    マチス「いいからもう黙ってくださいー。」
    続く。

  3. マーブル より:

    お帰りー。俺的に、面白いゲームはまぁ、ルーンファクトリーシリーズは面白いね。でも、時間が経つのが早いのとその他諸々を改善すればもっと良かったかも。

  4. 一般人 より:

    今、帰ったぞ。大変さん、どうもありがとう。

  5. 大変 より:

    そして、ここは校門の前。
    恭士「あ、豊臣、ここにいたのか。」
    ゆかりん「た、滝川先生!どうしたんですか?」
    恭士「嫌、お前の事を探しててな。ほら、バレンタインの時のお返しを渡そうと思って。はい、どうぞ。」
    ゆかりんは恭士から箱を受け取った。
    ゆかりん「今、ここで開けてもいいですか?」
    恭士「どうぞ。」
    ゆかりんが箱を開けるとハートのペンダントが入っていた。
    ゆかりん「ワァ!可愛い!」
    恭士「気に入ってくれたか?」
    ゆかりん「勿論です!」
    恭士「実は、女にどんなプレゼントを渡していいか分からなくて町川に聞いたんだ。そしたらネックレスとかがいいんじゃないか?って言われてそれでそれにした。」
    ゆかりん「そうなんですか、佐紀ちゃんが。ありがとうございます!」
    恭士「嫌、いいんだ。それよりも、バレンタインの時の返事だが勿論OKだ。」
    ゆかりん「えっ!?じゃあ!」
    恭士「ああ、豊臣、嫌、ゆかりん。俺と付き合ってほしい。」
    ゆかりん「はい!喜んで!」
    恭士はゆかりんを抱き締めた。
    恭士「フフ、嬉しいな。まさか、生徒と恋人になれるとはな。」
    ゆかりん「もう生徒じゃないですけどね。」
    恭士「ハハハッ、そうだな。」
    そして、恭士とゆかりんはキスした。
    その後、恭士とゆかりんは付き合ったが仁達の妨害行為で頭を悩ませる恭士であった。(汗)
    終わり。

  6. 佑香 より:

    分かる。私も、レッツ学校→(以下省略)をプレイしてるけど、何処まで覚えさせたか忘れるもん。後、言葉覚えさせても、職員室で覚えさせた言葉を見ることが出来るんだけど、例えば、したりされたりする事でそういう言葉が載ってないからこれ、何で覚えさせたっけ?ってなる。

  7. 大変 より:

    じゃあ、僕が、小説の続きを打ちます。
    ピオニー「おお!シャクちゃんじゃないか!会いたかったよ!」
    シャクヤ「ウザッ!それよりも、ゆかりんにホップあんた達にこれあげる。」
    ゆかりん達はシャクヤからゴールドセットを貰った!
    ホップ「えっ?何これ?」
    ピオニー「フフフ、それは俺が作ったゴールドセットだ!」
    ゆかりん「ええっ!?こ、これって服だよね?ピオニーさん、服も作れるんだ!凄い!」
    ピオニー「フフフ、まあな。」
    すると、ゆかりんのスマホロトムが鳴った。
    ゆかりん「あっ!ちょっとごめんね!」
    ゆかりんはスマホロトムをとった。
    ゆかりん「もしもし?」
    ハチク「もしもし?ゆかりんか?私だ。ハチクだよ。」
    ゆかりん「パパ!どうかしたの?
    続く。

  8. 大変 より:

    行ってらっしゃいー。今日のテーマは、食べる事ですがいいや。そうですねぇ、面白いゲームかぁ、僕的にはPSPのどこでもいっしょが面白かったですね。どこでもいっしょは、前に理由さんが打ってたレッツ学校→(以下省略)と同じく言葉を覚えさせられるゲームですが、正直言って何処まで覚えさせたか忘れちゃうんですよねぇ。(汗)

  9. 一般人 より:

    おはよう。俺、今日、仕事なんで行ってきます。じゃあね。

  10. 理由 より:

    俺は、インフルエンザは今の所は大丈夫かな。かかってないぞ。じゃあ、明日の担当は、大変さんだぜ。よろしくな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  11. 一般人 より:

    今日は、ここまでにします。また明日打ちます。所で、皆ってインフルエンザにかかったことある?俺は、ないぞ!俺の友達はなった事あるって言ってたけどね。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  12. プラム より:

    俺は、桃味の飴が好きだぜ!後、廃墟は出来れば、あまり入りたくないな。見るのはいいんだけどねー。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  13. 一般人 より:

    すると、フリーザーは分身した!
    ホップ「あれー!?フリーザーの奴分身したぞ!どれが、本物だよ!」
    ゆかりん「取り敢えず片っ端から倒しましょう!」
    そして、ゆかりんは何とかフリーザーを捕まえた。
    ゆかりん「よし!フリーザーゲットよ!」
    ホップ「おお!やったぞ!」
    ゆかりん「ピオニーさん!フリーザー捕まえたよ!」
    ピオニー「おお!よくやった!これで、全部のタスクが完了したぞ!お礼にお前らにこれを渡そう!」
    ゆかりん達はピオニーからピオニーのレアリーグカードを貰った!
    ゆかりん「ワァ!ありがとう!ピオニーさん!」
    ホップ「サンキュー!ピオニーさん!」
    ピオニー「どういたしまして!」
    すると、扉が開けられた。
    シャクヤ「あっ!いた!」
    続く。

  14. 三蔵 より:

    俺は、苺味の飴が好きだぞ。後は、海で釣りとかするのも好きだな。

  15. 一般人 より:

    そして、夕方。
    ゆかりん「もう、夕方だね。」
    マチス「大丈夫です!実はと言うとこんな事もあろうかと近くにホテルを用意しておきました!」
    ゆかりん「凄い!準備がいいね!」
    マチス「イエス!先程予約してきました!」
    ゆかりん「よく、空き部屋あったね!」
    マチス「はい!私も、ビックリです!では、最後は何に乗りましょうか?」
    ゆかりん「やっぱり最後は観覧車だね!」
    マツバ「いいですねー、乗りましょう!」
    そして、ここは観覧車の中。
    ゆかりん「ウワァ!綺麗な景色!」
    マツバ「そうですねー。そう言えば、観覧車には何か噂があったような?」
    続く。

  16. マーブル より:

    佑香、お大事にな。所で、何か面白いゲームってある?ちなみに、俺は、飴ではそうねぇ、葡萄味が好きかな。

  17. 一般人 より:

    ええっ!?大丈夫かよ!お大事に。
    正義「ああ、実は、俺、お前の事好きなんだ。」
    ゆかりん「ええっ!?///////」
    正義「ゆかりん、俺と付き合ってくれ。」
    ゆかりん「無理です!」
    正義「ええっ!?何でだよ!」
    ゆかりん「私、滝川先生が好きなの。」
    正義「そ、そうなのかよ。悔しいが滝川先生には勝てそうもないな。だが、俺は、ゆかりんを諦めないぜ。じゃあな。」
    そう言うと正義はその場を去った。
    ゆかりん「フゥ、疲れた。(汗)さてと、私も帰ろう。」
    続く。

  18. 佑香 より:

    ってか、先急にお腹痛くなって歩くのも大変だったよ。(汗)でも、ベッドで寝たら治ったけど、まだちょっと、お腹痛いと言うか気持ち悪い。(汗)

  19. 一般人 より:

    確かに、あきたいぬでいい気がする。(汗)
    ゆかりん「ごめんなさい!無理です!」
    景「えっ!?(ガーン)どうして!?」
    ゆかりん「私、滝川先生の事が好きなの。」
    景「そうか、滝川先生か。僕は、あの先生はちょっと苦手だが、だが、ゆかりん君の事は諦めないよ!じゃあ、僕は帰るよ。じゃあね。」
    そう言うと景はその場を去った。
    ゆかりん「次は、正義君か。正義君は、確か格闘大会の会場にいるって言ってたわね。よし、行きましょう。」
    そして、ここは格闘大会の会場。
    ゆかりん「正義君来たよ。」
    正隆「おお、来たか。」
    ゆかりん「それで、話って何?」
    続く。

  20. 佑香 より:

    私も、四国犬画像で見たけれど、見た目が秋田犬っぽいんだね!ってか秋田犬って秋田犬ってかいてあきたけんって読むんだってね。もうあきたいぬでいいじゃんね。

  21. 一般人 より:

    そうだねー、嚙んだ犬は四国犬で飼い主もまさか脱走するとは思わなかったって言ってるんだってさ。
    ホップ「え、ええっ!?ぼ、墓地!?」
    ゆかりん「墓地かぁ。嫌だなぁ。(汗)」
    ピオニー「何だ?お前ら?墓地が怖いのか?ああ、お化けが出ると思ってるんだろ!大丈夫だって!まだ、昼だしお化け何か出ねえよ!」
    ゆかりん「まぁ、そうだろうね。(汗)」
    ホップ「よし!じゃあ、行こうぜ!いにしえの墓地に!」
    ゆかりん「そうね、もうパッと行きましょう。」
    そして、ここはいにしえの墓地。
    ゆかりん「えーと、フリーザーは、いた!」
    フリーザー「フリー!」
    続く。

  22. タミコ より:

    今日のテーマは、そうじゃないと思った事ですがいいや。へぇ、そんな事件があったんだね。怖いねー。もしも、野犬とかだったら狂犬病になっちゃいますからね!

  23. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来る。どうやら、昨日、どっかの公園で子供とかが犬に嚙まれたそうだ。やっぱり、飼い主いたんかい。(汗)

  24. 理由 より:

    俺は、桃味の飴かな。じゃあ、明日の担当は、タミコさんだぜ。よろしくな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  25. 一般人 より:

    今日は、ここまで。また明日打ちます。飴って美味しいよなぁ。皆は何味の飴が好き?ちなみに、俺は、オレンジ味が好き!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  26. そんな事 より:

    あ!すいません!アニメキャラ恋愛ゲームで打つの忘れてた事ありました!・新たに追加された要素。お触りモード。男子共に新たに触れる機能が追加された。タッチペンまたは指で画面の男子に触る事が出来る。これは、花より団子DSのパクリである。触れる場所は、髪の毛、手、耳、唇である。それぞれの男性キャラで髪の毛などに触ると様々な台詞が聞けるが特に相性度には影響はない。以上です。

  27. 一般人 より:

    分かる。モンスターハウスがあると必ず?かどうかは分からんがモンスターハウス出てくるんだよねぇ。(汗)そして、ここは一礼野原。
    ゆかりん「えーとガラルファイヤーはいた!」
    ファイヤー「ファイヤー!」
    ホップ「あっ!ファイヤーの奴飛んで逃げてくぞ!」
    ゆかりん「あっ!コラッ!待ちなさい!よし!ロトム自転車で追いかけましょう!」
    そして、ゆかりんはなんとかファイヤーを捕まえた。
    ゆかりん「よし!捕まえたわ!」
    ホップ「よし!やったぜ!」
    ゆかりん「ピオニーさん、ファイヤー捕まえたよ!」
    ピオニー「おお!流石だぜ!じゃあ、最後はフリーザーだな!フリーザーは、いにしえの墓地にいるぜ!」
    続く。

  28. 斎藤一 より:

    ポケモン不思議のダンジョンは、カクレオン商店がダンジョン内に出てきたらいずれ、モンスターハウスが出てくると思った方がいいぞ。

  29. 一般人 より:

    711コメントおめでとう。えーと。マチス。
    どうも!ゆかりんです。今日は、マチスさんとデートします!
    ここは、遊園地。
    ゆかりん「ワーイ!遊園地だ!マチスさん、何に乗る?」
    マチス「そうですねー、ミーはあれに乗りたいです!」
    ゆかりん「いいね!早速乗ろう!」
    そして、ゆかりんとマツバは乗り物に乗った。
    ゆかりん「ハァ!楽しかったー!」
    マツバ「OK!次は、ゆかりんは何に乗りたいんだ?」
    ゆかりん「じゃあ、コーヒーカップがいい!」
    マツバ「よし!コーヒーカップか!乗るか!」
    そして、マツバ達は乗り物に乗った。
    そして、夕方。
    続く。

  30. マーブル より:

    俺も、廃墟見るのは好きだけど、中に入るのも一階とかが限界かな。(汗)それ以上は、ちょっと無理。(汗)