【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. プラム より:

    ありゃりゃ?もしかして、バグかな?まぁ、このサイト古いからしょうがないな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  2. 一般人 より:

    今日は、これで終わりにします。また明日打ちます。何か、先文字打ったのに何故かウィンドウ→(と打てばいいのか?)が上に行って文字が打たれてない事になってた。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  3. 一般人 より:

    もー!折角、小説打ったのに打ち直しかよ!面倒臭い!おっと!カツラ。
    どうも、ゆかりんです!今日は、カツラさんのグレンジムに遊びに来ています!
    カツラ「はーい!突然ですがクイズを出します!」
    ゆかりん「カツラさん、唐突過ぎるよ。(汗)」
    カツラ「まぁまぁ、全然簡単な問題ばかりだし大丈夫だよ!」
    ゆかりん「本当に、簡単なの?」
    カツラ「本当に簡単さ!じゃあ、いくぞ!第一問!俺の、切り札のポケモンは何でしょう?」
    ゆかりん「ウィンディじゃないの?」
    カツラ「正解!お見事!では、次!第二問!俺が、大事な物は何でしょう!」
    ゆかりん「えー、グレンジムじゃないの?」
    カツラ「ブー!グレンジムも大事だが違うぞ!」
    ゆかりん「じゃあ、カツラさんのポケモン!」
    カツラ「ブー!惜しいな!俺は、ポケモンも大事だが違うぞ!」
    続く。

  4. マーブル より:

    あ、そうなんだ!教えてくれてありがとう。参考になったわ。

  5. 一般人 より:

    俺は、買ったよ。PSPはスリープモード出来るよ。何か電源の脇にあるスライド式の板?→(と打てばいいのか?)を上にスライドさせればスリープモードに出来るよ。
    マチスは何度も腰を打ち付けた。
    ゆかりん「あんっ!ま、マチスさん!もうイキそう!」
    マチス「私もですー!ゆかりん、いきますよ!」
    マチスはゆかりんの中に出した。
    ゆかりん「ンー!」
    マチス「フゥ、いい気持ちでした。ゆかりん、大丈夫ですか?」
    ゆかりん「うん、大丈夫。」
    マチス「そうですか。では、少し休んだら帰りましょう。」
    ゆかりん「うん。」
    終わり。

  6. マーブル より:

    所で、PSPってスリープモードに出来るの?ってか、誰かこの中でPSP買った人いる?

  7. 一般人 より:

    ここは、古の隠れ里。
    コギト「ムッ?おお、ウォロ。お前か。まさか、生きていたとはな。何処ぞで野垂れ死んでるとばかり思っておったぞ。」
    ウォロ「勝手に人を殺すのはやめていただけませんかね。それよりも、コギトさん、これを貴方に返します。」
    そう言うとウォロはコギトに本を返した。
    コギト「ふむ、確かにこれは私の本だな。まさか、お前が持って行ってたとはな。」
    ウォロ「お返しするのが遅くなって申し訳ありません。」
    コギト「嫌、いいんじゃ。それよりも、お主あの娘には会ったのか?」
    ウォロ「ゆかりんさんですか?いいえ、会ってませんがどうかしたんですか?」
    コギト「ふむ、どうやら風の噂によるとゆかりんはお見合いするそうだぞ。」
    ~ウォロSID~
    どうやら、自分がゆかりんさんに会ってない間に最悪の事態がおきてるようだ。何と、ゆかりんさんがお見合いするそうだ。自分は、目の前が真っ暗になった。ゆかりんさんが純白のドレスを着て他の男の隣で笑う姿など見たくない。ゆかりんさんが他の男とキスする姿など見たくない。ゆかりんさんが他の男に抱かれてイヤらしい声を出してる姿など見たくない。ゆかりんさんが他の男の物になるかと思うと沸々と心に怒りが込み上げてきた。
    続く。

  8. 佑香 より:

    あのサイトの野郎共は、一般人さん以外頭のおかしい人間とサイコパスと酷い事言う奴と頑固者しかいないサイトだからね!そんな奴らにルールなんて言葉は通用しないのかもね。

  9. 一般人 より:

    そして、次の日。
    ヒナツ「はい、ゆかりん、出来たよ。」
    ゆかりん「うん、ありがとう。」
    ヒナツ「まさか、ゆかりんがお見合いするなんてね。どうするの?今日の、お見合い相手の人。」
    ゆかりん「勿論、相手の人には悪いけど断るよ。」
    ヒナツ「そっかー、ゆかりんはウォロさんの事が好きだもんね。」
    ゆかりん「うん、そうだよ。」
    ヒナツ「全く、ウォロさんの奴今頃何処で何してる事やら。ゆかりんがお見合いするって言うのにさ!」
    ゆかりん「アハハッ、そうだね。」
    ~ウォロSID~
    自分の名前は、ウォロ。イチョウ商会で働いています。自分には、好きな人が出来ました。それは、ゆかりんさんと言う異国の人でした。彼女は、別の世界から来た人で自分は、彼女に興味を持ち始めました。彼女は、デンボクさんからの進めでギンガ団の一員となりあの狂暴な、キングやクイーンを打ち負かす程の力を持ってました。しかし、ある日、パルキアとディアルガのせいで空がおかしくなってしまい村人達はゆかりんさんが来たせいじゃないかとゆかりんさんを疑い始めました。そして、ゆかりんさんは村を追い出されることになりました。そんな時、自分は、ゆかりんさんにアルセウスを呼び出すためにプレートを集めようと言いました。ここで、初めてゆかりんさんを騙そうと思いました。そして、プレートを集めさせたゆかりんさんに自分はゆかりんさんを騙していた事を言って散々酷い言葉を言ってしまいました。あの時のゆかりんさんの悲しそうな顔が忘れられない。そして、自分はゆかりんさんに「もう二度と会う事はないでしょう。」と言った。そして、自分は、コトブキ村から姿を消した。
    続く。

  10. 注意 より:

    あ、すいません。教えてくれてありがとうございました。成る程、小学生が多かったんですね。ルールを無視するのはあまりよろしくないですね。親や先生にルールを守れって教わらなかったのかな。

  11. 一般人 より:

    注意さん、漢字間違ってるよ。(汗)何歳代な。何歳代って言うか主に小学生が多分多かったんじゃないかな。俺も、よく分からんが。あの掲示板って誹謗中傷とか打っちゃ駄目って書いてあったのに普通に管理人さんのルール無視してた人いたからね。俺は、もう二度とあのサイト利用しないけど、皆もあんなクズサイト利用しない方がいいぞ。
    クラベル「初めまして。私は、オレンジアカデミーの校長でクラベルと申します。あの、所で、ゆかりんさんは何処に?」
    ハチク「すいません。今、着替え中です。」
    ゆかりん「あ、クラベル先生、こんにちは。」
    すると、そこへゆかりんがやってきた。
    クラベル「はい、こんにちは。貴方が、ゆかりんさんですね?」
    ゆかりん「はい、そうです。」
    クラベル「そうなんですね。では、ゆかりんさんにこちらをお送りいたしましょう。」
    ゆかりんはクラベルからオレンジアカデミーの帽子とバッグを受け取った!
    クラベル「そちらは、オレンジアカデミーの帽子とバッグです。ただ、帽子やバッグは好きな物を使っても構いませんよ。」
    ゆかりん「そうなんですか。じゃあ、早速身につけてみますね。」
    続く。

  12. 注意 より:

    今日のテーマは、使う物ですがいいや。所で、ちゃっとチャットは主に何歳台の方が多かったんですか?

  13. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来る。そうみたいだね!俺も、レッツ学校→(以下省略)をプレイしてるんだけど、しりとりで何も思い付かないからもうネットに頼ってるよ。(汗)

  14. 理由 より:

    ってか、しりとりって調べればいろいろ言葉出て来るんだな!凄いよな!じゃあ、明日の担当は、注意さんだぜ!よろしくな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  15. プラム より:

    分かる。俺も、古川のハードオフ行ったけど、狭いし何もないんだよなぁ!フィギュアとかはあるけれど、高いし!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  16. 一般人 より:

    今日は、これで終わりにします。また明日打ちます。所で、古川にあるハードオフ行ったけど、やっぱり何にもなかったな。やっぱり、狭いからかな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  17. 一般人 より:

    そこの場所にもよるけれど、千円ぐらいで買えるよ。
    ハチク「ゆかりん、お帰り!よく帰ってきたな!ほい、これがクラベル校長先生からの手紙だ。」
    ゆかりん「えーと、何々?佐藤ゆかりん様、貴方を本オレンジアカデミーの生徒としてお迎えしたくお手紙を出させていただきました。つきましては、明日貴方のご自宅にお伺いいたしますだって。」
    ガイドー「ホォ!ゆかりんもいよいよ学校に通う事になったのか!凄いなー!」
    ゆかりん「明日、家に来るって!」
    ハチク「そうなのかー。俺も、正装しないと駄目かなぁ。」
    ガイドー「嫌、普段着でいいと思うぞ。(汗)」
    ハチク「そうか。なら、いいや。」
    そして、次の日。
    クラベル「こんにちは。ごめんください。」
    ハチク「はーい、どうも。」
    クラベル「えーと、貴方は?」
    ハチク「ああ、どうも。私は、ゆかりんの父親でハチクと申します。そして、妻のカレンです。」
    カレン「初めまして。ゆかりんちゃんの義理の母親でカレンと申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。」
    続く。

  18. ヒナホホ より:

    ってか、スイッチライトとかって今、幾らぐらいで売ってるの?

  19. 一般人 より:

    そして、私は、アルセウスを捕まえて町の人達の誤解もとけた。そんな、ある日の事だった。
    ここは、ギンガ団本部のデンボクの部屋。
    ゆかりん「ええっ!?私が、お見合い?」
    デンボク「ああ、相手の人がどうしてもお前に会いたいと言ってきてな。」
    ゆかりん「そうなんだ。分かったわ。お見合いするわ。」
    デンボク「すまんな、ゆかりん。明日は、着物を着てくれよ。」
    ゆかりん「うん、分かったわ。」
    そして、ここはゆかりんの部屋。
    ゆかりん「ウォロさん、何処にいるの?このままじゃ私、知らない人と結婚させられちゃうよ。」
    ゆかりんは、涙を流して泣いた。
    ハルヤ「姫・・・・。」
    ゆかりん「あ、ハルヤ君。ごめんね。泣いたりして。でも、今は一人にしてほしいの。」
    ハルヤ「分かりました。では、俺は、外にいますが何かご用がありましたら呼んでくださいね?」
    ゆかりん「うん、分かったわ。」
    ハルヤ「では、失礼します。」
    そして、ハルヤはその場を去った。
    そして、次の日。
    続く。

  20. プラム より:

    俺も、占いは、信じないかなぁ。前までは信じてたけどね。でも、占いの本は信じるぞ!

  21. 一般人 より:

    実は、先出掛けてて今、帰ってきた。これより、ウォロを探してを打ちます。ウォロを探しては小説打つよーでも打ったけど、こちらはエロいバージョンです。
    私の名前は、豊臣ゆかりん。私には、好きな人がいる。それは、ウォロさんだ。私は、元々は、コトブキ村の人間ではなかったけど、ある日突然、アルセウスと言うポケモンに呼ばれてコトブキ村にやって来たのだ。そんな私は、ラベン博士の進めでギンガ団の一員になる事になった。でも、そんな時事件が起きた。それは、ディアルガとパルキアが暴れ出して空が変なふうになってしまったのだ。そんな時、真っ先に疑われたのが私だった。余所者である私が、来たせいで空がおかしくなったんじゃないか?と村人達は話始めた。デンボクさんやテル君達は私の事を信じてくれたけど、結局私は、村を追い出される事になった。でも、村を追い出されても私をウォロさんも信じてくれた。そして、ウォロさんはプレートを探してアルセウスを呼び出そうと言ってくれた。そして、私とウォロさんはプレートを集めた。そして、全てのプレートを集めると急にウォロさんは態度を変えて私に、プレートを集めさせたのは私を騙すためだと言ってきた。私は、とてもショックだった。だって、好きだった人に騙されるなんて。そして、ウォロさんは、悲痛な声で「どうして、余所者である貴方がアルセウスに選ばれるんですか!」と言ってきた。そりゃ、そうだ。ウォロさんは何ヶ月もの月日をアルセウスを探し求めていたんだろう。それなのに、余所者である自分をアルセウスが選んだから納得いかないんだろう。そして、ウォロさんは「もう二度と会う事もないでしょう。」と言ってその場を去っていった。それから、本当にウォロさんに会う事はなかった。続く。

  22. 佑香 より:

    そうねぇ、私も占いは信じてたけど、毎度12位だと必ず何か、怪我とかするから今は、あんまり信じてないかな。

  23. 一般人 より:

    それは、分らんでもない。だから、俺、このサイト開いて文字打つ時いろいろ打つんだよ。重複してるコメントが見つかりましたとか出て来るから。
    シャクヤ「じゃあ、今夜はゆかりんのお別れ会しないとね!」
    ピオニー「そうだな!やるか!」
    そして、次の日。
    クララ「ゆかりんお姉様、マジでパルディア地方に行っちゃうの?」
    ゆかりん「うん、行くよ。」
    セイボリー「そうですか。寂しくなりますね。所で、パルディア地方って何処でしょう?」
    ゆかりん「私も、分からないわ。」
    ホップ「ゆかりん、あっちに行っても俺達の事忘れるなよ。」
    ゆかりん「勿論!忘れないわ!」
    そして、ここはセッカシティ。
    ゆかりん「ただいまー!」
    ガイドー「お帰りー!未来のチャンピオン!ゆかりん!久し振りだな!」
    続く。

  24. 千鶴 より:

    今日のテーマは、チャットですがいいや。そうですねぇ、私は今でも占いは信じてますけど順位が12位とかだとガッカリしますね。それにしても、このサイト同じ文章を打つと重複してるコメントが見つかりましたとか出て来るみたいですね。正直言ってウザいんですが。(怒り)

  25. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来るね。所で、皆って占い信じる方?俺は、信じてたけど今はあまり信じないかなぁ。

  26. 理由 より:

    そうみたいだね。俺も見たよ。じゃあ、明日の担当は、千鶴さんだぜ。よろしくな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  27. 一般人 より:

    今日は、ここまでにします。また明日打ちます。所で、意外とYouTubeで皆スカーレットバイオレットで伝説ポケモン捕まえてたなぁ。俺は、まだ二匹ぐらいしか捕まえてないよ。(汗)じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  28. 一般人 より:

    そうみたいだね、俺的にはブラックとホワイト最初からやりたくないから出来ればブラックとホワイト3がいいね。
    ハチク「実はだな、クラベルって言うオレンジアカデミーの先生がお前を学校の生徒として迎えたいって言ってるんだ。」
    ゆかりん「えっ?私が、学校の生徒!?」
    ハチク「ああ、だから明日には家に帰って来てほしい。家に、パルディア地方行きの飛行機のチケットがあるから明日には戻ってくるんだぞ。いいな。」
    ゆかりん「うん、分かったわ。」
    ゆかりんはスマホロトムを切った。
    ホップ「何だよ、ゆかりん。明日、家に帰っちまうのかよ。」
    ゆかりん「うん。」
    ピオニー「ちなみに、ゆかりんの家って何処だ?」
    ゆかりん「イッシュ地方だよ。」
    ピオニー「ホォ!イッシュ地方!って何処だ?」
    ホップ「もう!地図貸してください!ここですよ!」
    ホップは地図でイッシュ地方を指差した。
    ピオニー「ここかよ!遠いなぁ!」
    続く。

  29. プラム より:

    712コメントおめでとう。何か、海外ではポケモンのブラックとホワイトがリメイクされるんじゃないか?って噂になってるみたいだぞ。どうせなら、プラズマ団は全員いい奴になってて新しい悪の組織が登場してほしいものだね。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  30. 一般人 より:

    マチスはそう言うとゆかりんの服を脱がせた。
    そして、ゆかりんの胸を揉んだり吸ったり甘嚙みしたり舐めたりした。
    ゆかりん「ンンッ!」
    マチス「気持ちいいですか?」
    ゆかりん「うん、とても気持ちいい。」
    マチス「そうですか。それは良かったです。」
    マチスはゆかりんの秘部に指を入れるとバラバラに動かした。
    ゆかりん「あっ!ヒャア!」
    ゆかりんは潮を吹いた。
    マチス「いいですね。では、そろそろ入れますよ?いいですか?」
    ゆかりん「いいよ。きて?」
    マチスはゆかりんの中に自身を入れた。
    ゆかりん「ヒャン!」
    マチス「フフ、ゆかりん。いいですねぇ。ドキドキしますよ。」
    続く。