【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. 一般人 より:

    ネモ「えっ?ポケモン図鑑にも載ってないポケモンなの?って事は新種かしら!ねぇ、ゆかりんそれよりも、私と連絡先を交換しない?」
    ゆかりん「いいよ。」
    ネモとゆかりんは連絡先を交換した。
    ネモ「よし!これで、大丈夫だね!それじゃあ、灯台に行きましょう。」
    ゆかりん「うん。」
    そして、ここは灯台。
    ネモ「あれ?灯台に誰かいる!あれは、ペパーじゃん!」
    ペパー「ンッ?お前は、生徒会長のネモじゃん!よぉ!ってか、そっちの可愛い子誰よ。」
    ネモ「あ、紹介するね。この子はゆかりん!つい先友達になったばかりなの!」
    ゆかりん「初めまして。町川ゆかりんです。どうぞ、よろしく。」
    ペパー「へぇ!ゆかりんって言うんだ!俺は、ペパー!よろしく!」
    ???「アギャッス!」
    続く。

  2. 一般人 より:

    そして、洞窟の奥に行くとそこにはヘルガーがいた。
    ヘルガー「ガルルルル!」
    ゆかりん「ウワァ!あれは、野生のヘルガー!?」
    ???「アギャッス!」
    謎のポケモンはゆかりんを背中に乗せた。
    そして、ゆかりん達は一気に丘の上までやってきた。
    ネモ「おお!ゆかりん!戻ってきた!」
    ゆかりん「た、ただいま。(汗)」
    ネモ「お帰りー!大変だったねぇ。怪我はない?大丈夫?」
    ゆかりん「うん、平気。この子が助けてくれたから。」
    ネモ「そっかー、ゆかりんを助けてくれてありがとね!」
    謎のポケモン「アギャッス!」
    ネモ「でも、この子なんて名前のポケモンなんだろう?」
    ゆかりん「それが、ロトム図鑑で調べたんだけど、分からないみたいなのよ。」
    続く。

  3. 一般人 より:

    ゆかりん「彰さん!」
    彰「ンッ?ゆかりんか。どうした?」
    ゆかりん「一緒に帰ってもいい?」
    彰「ああ、いいぞ。じゃあ、帰るか。」
    そして、帰り道。
    ゆかりん「彰さん、あのね。渡したい物があるの。」
    そう言うとゆかりんは鞄からバレンタインデーのチョコレートを出した。
    彰「渡したい物?ああ、今日は、バレンタインデーだったな。」
    ゆかりん「うん、彰さん、はい。どうぞ。」
    すると。
    アキト「させーん!」
    アキトはゆかりんの本命チョコを奪い取ろうとしたがすんでの所で彰がゆかりんのチョコを受け取った。
    アキトはそのまま地面にぶつかった。
    アキト「イテッ!」
    続く。

  4. 一般人 より:

    ゆかりん「えっ!?兄さん?」
    アスカ「そう、ゆかりんちゃん。実は、私とこのへんてこな服を着てる人は私の兄!つまり!私達は兄妹なのよ!」
    ゆかりん「へぇ、そうだったんだ。」
    ロウ「実の兄に向ってへんてこな服とは失礼だね!(怒り)まぁ、いいね!ゆかりん!僕に、本命チョコレートをプリーズ!」
    ゆかりん「駄目!あげません!」
    すると、教室の扉が開いた。
    ダンテ「ゆかりん!来たぞ!」
    ゆかりん「ダンデさん!?」
    ダンテ「ゆかりん、ダンデはポケモン!俺は、ダンテだ!ゆかりん、俺に渡す物があるんじゃないか?」
    ゆかりん「あ、そうね。はい、どうぞ。」
    ゆかりんはダンテに義理チョコを渡した。
    ダンテ「ありがとうってやけにあっさりと渡すね。はっ!まさか、これは!義理チョコ!?」
    ゆかりん「何で気付くの!?早っ!」
    そして、帰りの時間。
    ゆかりん「あー!もう!ダンテさん達のせいで夕方になっちゃった!もう、帰る時間だし!」
    アスカ「ゆかりんちゃん!もう、こうなったら彰君と一緒に帰るしかないわ!」
    ゆかりん「そうね!そうしましょう!」
    続く。

  5. 一般人 より:

    皆で海に行くって言っても十二人しか登場しないんだけどね。ここで選択肢。アッシュ、ベル、京一郎、三人のうち一人を選択すると行く男子も変わります。まずは、アッシュを選びます。
    ゆかりん「じゃあ、アッシュのプライベートビーチに行こうかな。」
    アッシュ「メルシー!流石、ゆかりん!お目が高いね!じゃあ、早速行こう。」
    そして、車がやってきた。
    アッシュ「あれ?爺や、この車何?バスはどうしたのさ。」
    ゆかりん「えっ!?アッシュってバス持ってたの?」
    アッシュ「うん、あるよ。」
    千尋「今時、バス持ってるのなんてお前の家しかないんじゃないのか?」
    そう言うと千尋は呆れにも似たため息をついた。
    爺や「申し訳ありません。アッシュ、お坊ちゃま。バスは修理中で現在は、この車しかありません。そして、この車は十二人乗りなんです。」
    麻季「何よ!その微妙な数字!」
    吾郎「十二人しか乗れんとかこれは困ったで!桐生ちゃん!ワイらだけでも席を確保するんや!」
    一馬「嫌、真島の兄さん、ここはちゃんとじゃんけんで決めないと。」
    隆司「よし!じゃあ、じゃんけんだ!勝っても負けても恨みっこなしだぞ!」
    ゆかりん「えっ!?じゃんけんって私もするの?」
    続く。

  6. 一般人 より:

    ワタルはゆかりんの力が抜けた所で、自身を全部入れた。
    ワタル「フゥ、ゆかりん、大丈夫か?全部、入ったが。」
    ゆかりん「平気。大丈夫だよ?」
    ワタル「じゃあ、動かすぞ?いいか?」
    ゆかりん「うん、きて?」
    ワタルは何度も腰を激しく動かした。
    ゆかりん「ああっ!あんっ!」
    ワタル「っく!ゆかりん!イクよ!」
    ゆかりん「うん!」
    ワタルはゆかりんの中に出した。
    ワタル「フゥ、ゆかりん。不安にさせて本当にごめんな。これからは気を付けるから。」
    ゆかりん「うん、もう大丈夫。」
    終わり。

  7. 一般人 より:

    夏の海に皆で行く回。
    現在、夏。皆は、暇だった。
    ゆかりん「あー!暑いよぉ!こんな日は海にでも行きたいなぁ。」
    ベルフェゴール「ゆかりん、海に行きたいの?だったら、王子のプライベートビーチに行こうよ!」
    アッシュ「ベルフェのプライベートビーチだって?はっ!片腹痛いね!そんな所よりも、僕のプライベートビーチに行こうよ。」
    ベルフェゴール「何ー!?アッシュの癖に生意気な!(怒り)」
    大吾「ゆかりん!俺の、プライベートビーチに来い!」
    純「東大吾先輩って、プライベートビーチなんて持ってましたっけ?」
    大吾「ウッ!も、持ってないが。(汗)」
    順「それじゃあ、駄目ですね。ハァ。」
    京一郎「ゆかりん!そんな奴らの話なんて鵜呑みにするな!俺の、プライベートビーチ来い!」
    ゆかりん「えっと、ど、どうしよう。(汗)」
    続く。

  8. 一般人 より:

    ワタル「ゆかりん、気持ちいい?」
    ゆかりん「うん、いい気持ちだよ。ワタルさんは?」
    ワタル「俺も、気持ちいいよ。」
    ワタルはゆかりんの秘部に指を入れるとバラバラに動かした。
    ゆかりん「ヒャッ!」
    ワタル「どう?いい気持ちだろ?」
    ゆかりん「うん、気持ちいい。」
    ワタル「ゆかりん、可愛いねぇ。そろそろ入れようかな?俺、限界。」
    ワタルは自身を取り出すとゆかりんの中に入れた。
    ゆかりん「アゥ!」
    ワタル「っく!ゆかりん!力抜いて!」
    ゆかりん「無理!出来ないよ!」
    ワタルはゆかりんの秘部に指を入れて動かした。
    ゆかりん「あっ!」
    続く。

  9. 一般人 より:

    それは、分らんでもない。
    そして、ここはコハクと戦った場所。
    ゆかりん「ンッ?あれは、木?」
    すると、謎の木は動き出した。
    謎の木「グォォォォォ!」
    フレイ「これ、ただの木じゃないわ!モンスターよ!」
    レスト「くるよ!こっちも戦おう!」
    ゆかりん「うん!」
    フレイ「ええ!」
    そして、ゆかりん達は木のモンスター→(デッドツリー)を倒した。
    ゆかりん「よし!倒した!」
    レスト「でも、あんなモンスター前はいなかったのに何で突然出てきたんだ?」
    フレイ「さぁ?何でだろうね?」
    すると、チロリが出てきた。
    ゆかりん「あっ!チロリだ!」
    続く。

  10. 大樹 より:

    ってか、ここのサイトって誰でも来てもいいサイトだけど、他の奴はあんまり来てほしくないよな!折角、平和なサイトなんだからさ!俺達だけで、コメントしてたいよなー。

  11. 一般人 より:

    ゆかりん「あの石何だろう?綺麗だねぇ。」
    レスト「ってか、チロリの奴あの石に反応してない?」
    フレイ「今なら捕まえられるかも!大人しくしてなさいよ!」
    しかし、チロリは逃げて行った。
    フレイ「あんー!もう!また、逃げられた!」
    ゆかりん「チロリ、奥に逃げて行ったわね。兎に角、追い掛けましょう。」
    レスト「うん、その前にこの石は回収しておこうか。」
    レストは青い石を鞄の中に入れた。
    そして、ここは森の奥。
    フレイ「あれ?ここってヨクミール森の最奥じゃない!」
    ゆかりん「しかも、ここコハクちゃんがモンスターだった時に戦った場所の手前じゃない!」
    レスト「本当だ。でも、モンスターだったコハクはもう退治したし他のモンスターが出て来るのかな?」
    フレイ「そうかもしれないわね。兎に角、行きましょう。」
    続く。

  12. マーブル より:

    まぁ、一般人さんの気持ちは分からんでもないけどな。(汗)取り合えず、あのサイトはルール無視する子が多いからな。

  13. 一般人 より:

    おー、きつねさん、心配してくれてありがとう。マジで、俺がこのサイトにいる事は内緒にしてくれよな。他の野郎が来るとまた文句とか言われるしね。俺は、ここのサイトで小説打ちたいからね。それから、俺は、ちゃっとチャットのサイトには二度と戻る気はないから。あんなルールも無視するし、人の気持ちを考えない人達がいるサイトなんて二度と開かんし見ないわ。(怒り)こっちのサイトの方が皆優しいし文句も言わないからね。

  14. 佑香 より:

    きつねさん、一般人さんが、このサイトにいる事言っちゃ駄目だよ。面倒な事になるからね。一般人さん、ここで小説打てなくなるからね。

  15. 一般人 より:

    確かに、ウルトラサンウルトラムーンは鬼の難易度だったな。(汗)
    後、椎名も打ちます。
    ゆかりんが紙を開くとそこには「今日は、来てくれてありがとう。犬塚千尋。」と書いてあった。どうやら、千尋と握手した際に千尋がゆかりんの手に手紙を握らせたようだ。
    ゆかりん「千尋さん、ありがとう。」
    ゆかりんは千尋からの手紙をギュッと握り締めた。
    そして、次の日。
    この日、ゆかりんは千尋のためにマフィンを焼いた。
    そして、ここは握手会場。
    ゆかりん「あの、これ、受け取ってください!」
    千尋「ありがとう。有難く食わせてもらうよ。」
    千尋はニコリと笑うとゆかりんのマフィンを受け取った。
    そして。
    ゆかりん「さてと、そろそろ帰ろうかな。帰る前におトイレに寄って行こう。」
    続く。

  16. きつね より:

    チャちゃに一般人さんいなくて心配だから見に来た()
    無事でよかった()

  17. 紀子 より:

    本当、凄い雪ですね!今日のテーマは、変な話ですがいいや。所で、私はポケモンのウルトラサンウルトラムーンが難しかったです。(汗)四天王がしまキング、しまクイーンで強すぎてめっちゃ苦戦しました。(汗)

  18. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来る。今日は、雪が凄いねぇ!朝起きたらめっちゃ積もっててビックリした!昨日、帰ってきた時はそうでもなかったんだけどな。

  19. 理由 より:

    ポケモンのアルセウスも難しかったよねぇ。(汗)じゃあ、明日の担当は、紀子さんだぜ!よろしくな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  20. 一般人 より:

    あらら、本当だ!教えてくれてありがとう。じゃあ、今日は、これで終わりにします。また明日打ちます。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  21. プラム より:

    一般人さん、文字間違えてるよ!いろんなになる回になってるぞ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  22. 一般人 より:

    スカーレットバイオレットもなかなかに難しいぞ。
    千尋先生がいろんなになる回。アイドル犬塚千尋。
    ゆかりんは、今、恋しているアイドルがいた。それは、アイドルグループトリプルスターの犬塚千尋であった。彼は、大人の色気ムンムンでゆかりんはそんな千尋の事が気になって仕方がなかった。
    そして、ここは握手会場。
    ゆかりんは千尋と握手するために並んだ。しかし、千尋は他の女性にも人気が高く千尋の握手する場所には女性客で大行列になっていた。
    そして、何とかゆかりんの番になった。
    ゆかりん「あ、あの!いつも、応援してます!」
    千尋「ありがとう。君みたいな可愛い子に応援されて俺は、嬉しいよ。」
    千尋はゆかりんと握手した。
    そして、ここは会場の入り口。
    ゆかりん「ハァ、千尋さんカッコ良かったなぁ。あれ?」
    すると、ゆかりんの手には紙が握られていた。
    ゆかりん「何だろう?この紙。」
    続く。

  23. 椎名 より:

    ってか、ポケモンシリーズってどれが難しいの?俺的には、初代版だと思うけどねぇ。

  24. 一般人 より:

    ウォロ「ええ、嫌ですか?」
    ゆかりん「嫌ではないけれど。そ、その。わ、私初めてなの。///////」
    ウォロ「大丈夫。優しくしますよ。」
    ウォロはニコリと笑うとモンスターボールにポケモン達を戻した。
    ゆかりんもモンスターボールにポケモン達を戻した。
    ウォロとゆかりんはテントに入るとウォロはゆかりんを押し倒すとゆかりんにキスした。
    ウォロ「じゃあ、しますよ?いいですか?」
    ゆかりん「い、いいけど優しくしてください!」
    ウォロ「クスッ、努力しますよ。」
    ウォロはそう言うとゆかりんの服を脱がした。
    ウォロ「ハァ、綺麗ですねぇ。」
    ウォロはゆかりんの体を隅から隅まで見た。
    ゆかりん「ウウッ!あまり見ないでぇ!//////////」
    ウォロ「無理ですよ。こんなに綺麗なのに。さて、自分も脱ぎますか。」
    ウォロは服を脱いだ。
    ウォロの体は筋肉で引き締まっていた。
    ゆかりん「!か、カッコイイ。////////」
    続く。

  25. マーブル より:

    知ってる芸能人がテレビのキャスターからいなくなるのはちょっと寂しいな。まぁ、しょうがないよな。番組の都合上なんだろうしな。

  26. 一般人 より:

    ウォロ「ゆかりんさん、キスしてもいいですか?」
    ゆかりん「えっ!?何で、聞くの?」
    ウォロ「嫌、一応聞いておかないと駄目かなと思いまして。それで、いいでしょうか?」
    ゆかりん「いいよ。」
    ウォロ「では。」
    ウォロはゆかりんにキスした。
    ウォロ「ふむ、これだけでは足りませんねぇ。」
    ゆかりん「ええっ!?た、足りてよぉ!////////」
    ウォロ「ウーム、無理ですかねぇ。」
    ゆかりん「アゥ。///////」
    ウォロ「ゆかりんさん、抱いてもいいですか?」
    ゆかりん「えっ?こ、ここでするの?」
    続く。

  27. 一般人 より:

    今って言うか、先帰って来てたけど、ゲームしてた。西さん、どうもありがとう。

  28. 西 より:

    717コメントおめでとう。あー、成る程ね。そう言う事か。
    俺が、代わりに小説打つね。
    ゆかりん「あ、そうだね。どうしよう。」
    すると、謎のポケモンは洞窟に向かって走り出した。
    ???「アギャッス!」
    ゆかりん「えっ?着いて来いって言うの?分かったわ。」
    ゆかりんは謎のポケモンの後ろを着いて行った。
    そして、ここは洞窟の中。
    ゆかりん「へぇ、ここって洞窟なんだ。」
    ネモ「ゆかりん!大丈夫?」
    ゆかりん「えっ!?ネモちゃん?何処にいるの?」
    ネモ「こっちこっち!」
    ゆかりんが崖の上を見るとそこにはネモがいた。
    ゆかりん「ネモちゃん、そこにいたんだ。」
    ネモ「うん、ねぇ、ゆかりん洞窟の先に行くの?」
    ゆかりん「うん、洞窟の奥に出口がないか見に行ってみる。」
    続く。

  29. 佑香 より:

    ああいう番組レギュラーの人って契約期間とかあるんでしょ?多分、その契約期間が終了したんじゃない?知らんけど。

  30. 西 より:

    行ってらっしゃい。一般人さん、今日は、雪が降ったんで積もったら足元とか十分気を付けてくださいね!所で、今日のテーマは、不思議な事ですがいいや。何か、アンビリバボーに出ていた剛力彩芽さんとビートたけしさんがアンビリバボーを卒業するそうです。何で、卒業するかは書いてなかったな。