【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. 一般人 より:

    えーと、次回の小説はストームラバーを打ちます。登場キャラは明日打ちます。所で、皆って掲示板見るの好きか?俺は、好きだぜ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  2. 一般人 より:

    ゆかりん「あれ?彰さんは、帰らないの?」
    彰「ああ、所でさ、お前にチョコのお礼がしたいんだけど。」
    ゆかりん「えっ?お礼なんていいよ!別に。」
    彰「いいから受け取れよ。」
    そう言うと彰はゆかりんにキスした。
    ゆかりん「なっ!なっ!なっ!////////」
    彰「ワリィ、キスしちまった。嫌だったか?」
    ゆかりん「ううん、嫌じゃなかったよ。」
    彰「そ、そうか?実はさ、俺、ゆかりんの事好きなんだ。////////」
    ゆかりん「えっ?本当に?」
    彰「ああ、俺ってさ、極道の人間だから、誰かと付き合うのなんて駄目だって諦めてたんだ。でも、それでも、俺は、ゆかりんが好きだ!」
    ゆかりん「ありがとう。私も、彰さんが好きだよ。」
    彰「マジかよ!じゃあ、ゆかりん俺と、付き合ってくれるか?」
    ゆかりん「勿論!」
    彰「サンキュー!マジで嬉しいぜ!ありがとう。」
    こうして、ゆかりんと彰は付き合ったがその後、アキト達からの妨害行為はいつまでも続くのであった。(汗)
    終わり。

  3. 一般人 より:

    うん、俺も流石に傷付いた。(泣き)
    彰「アキト、お前何してるんだよ。(汗)」
    アキト「何って、ゆかりんのチョコレートを奪うために参上した!」
    彰は何も言わずにゆかりんのチョコを食べた。
    アキト「あー!俺の、チョコがァァァァ!」
    彰「俺のチョコって。(汗)そもそも、ゆかりんは俺に、チョコをくれたんだろ?」
    ゆかりん「う、うん。///////」
    ロウ「あれー!?ゆかりんのチョコは何処アルか?」
    彰「ワリィな。俺が食った。」
    ダンテ「何だと!?なんて、素早い!」
    右京「流石、極道は手が早い。」
    彰「右京、それ褒めてるの?それとも貶してるの?」
    右京「両方ですかね?」
    彰「おいおい。(汗)」
    ゆかりん「はい!もう、私のチョコはないんだから皆、帰ってね!」
    ロウ「チェ!しょうがないですねぇ。」
    右京「ハァ、残念です。ゆかりんお嬢からの本命チョコ欲しかった。」
    アキト「クゥ!畜生!」
    ダンテ「ハァ、ムカつくけどしょうがないね。帰るよ。」
    そして、ダンテ達はその場を去った。
    続く。

  4. より:

    今、ポケモンスカーレットバイオレット雑談掲示板見たら、一般人さんに対して死ねとか打ってた名無しがいた。ヒデェ。

  5. 一般人 より:

    そして、一時間後。
    ヒューズ「お!あったぞ!牛丼の店!」
    ゆかりん「本当だ!早速食べましょう!」
    そして、夕方。
    ゆかりん「もう夕方だね。」
    ヒューズ「そうだなぁ。あ!そうだ!ちょっと、行きたい所あるから着いてきてくれない?」
    ゆかりん「えっ?いいけれど。」
    ここは、丘の上。
    ヒューズ「ここだよ。」
    ゆかりん「ウワァ!綺麗な夕日!」
    ヒューズ「だろ?昨日、ここに来て見つけたんだ。ここからだと夕日が綺麗に見えるんだよ。」
    ゆかりん「凄いよ!ヒューズさん!こんな所見つけられるなんて!」
    ヒューズ「そんな事ないって。所でさ、俺、ゆかりんの事が好きだ。」
    ゆかりん「えっ?////////」
    ヒューズ「だからさ、俺の彼女になってくれないかな?あ!勿論、返事は後でもいいから。」
    ゆかりん「いいよ。私も、ヒューズさんの事が好きだし。////////」
    ヒューズ「ええっ!?マジかよ!めっちゃ嬉しいよ!よし!皆に自慢しちゃおっと!」
    ゆかりん「アハハッ、ヒューズさんったら!」
    こうして、ヒューズとゆかりんは付き合うのでした。
    終わり。

  6. マーブル より:

    そうだねー、寒いと布団から出たくない気持ちはよく分かるねぇ。そんで、ついつい二度寝しちゃうんだよねぇ。(汗)

  7. 一般人 より:

    それは、分らんでもない。(汗)ってか、男子共と一緒はパラレル編と新婚編しか打たない事にした。何か、面倒になってきて。(汗)
    紅炎「イエイ!ヤッタネ!」
    紅明「ってか、お腹空いたなぁ。ご飯食べに行こうか。」
    ヒューズ「じゃあ、俺は、また町に行こうかな。ゆかりんも一緒に行くか?」
    ゆかりん「うん、行く!」
    鴨太郎「何だ?二人共、妙に仲がいいが付き合っちまったのか?」
    ヒューズ「ハァ?付き合ってねぇよ!」
    鴨太郎「ああ、そう。」
    そして、ここは町中。
    ゆかりん「ヒューズさん、何を食べようか?」
    ヒューズ「そうだなぁ、今日は、牛丼でも食うか?」
    ゆかりん「えっ?牛丼が食べれる店見つけたの?」
    ヒューズ「ウッ!それは、今から見つけるつもりだ。」
    ゆかりん「そ、そう。(汗)」
    続く。

  8. 佑香 より:

    最近、寒いから布団から出るのが辛いよねぇ!

  9. 一般人 より:

    ヒューズ「じゃあ、行ってくるぜ。」
    ゆかりん「うん、行ってらっしゃい。」
    ヒューズ「おう!帰ってきたら一緒に風呂入ろうな!」
    ゆかりん「うん!隅々まで洗って!ってあれ?ここ、私の部屋じゃない!って事は先のは全部夢!?ウワァ!でも、ヒューズさんとの新婚生活か。私って、ヒューズさんの事そういう目で見ているのかな?兎に角、寝直そう。」
    そして、次の日。
    ヒューズ「やぁ、ゆかりん。おはよう。」
    ゆかりん「おはよう、ヒューズさん。」
    ヒューズ「今日は、皆でビーチバレーするんだってさ。ゆかりんも行こうぜ!」
    ゆかりん「うん!」
    そして、ここは海岸。
    紅炎「いくぞ!そりゃぁ!」
    正隆「おりゃぁ!必殺、天楽寮アタック!」
    じゃファール「ウワァ!」
    ドッカーン!
    紅明「はーい、正隆達のチームに一点!」
    続く。

  10. ヒカリ より:

    分かります。税とかなくしてもう、商品とかも元の値段に直してほしいって思います。今日のテーマは、余裕ですがいいや。所で、スイッチ2ってスイッチと何が違うんですかねぇ?

  11. 一般人 より:

    おはよう、ご飯食べて来る。所で、結構食べ物とか飲み物も高くなってきたよなぁ!これ以上、値上げするのやめてほしいんだけどなぁ。

  12. 理由 より:

    そうだねー、車はカッコイイからつい見ちゃうよね!俺も、結構車は見るのも乗るのも好きだぜ!じゃあ、明日の担当は、ヒカリさんだぜ!よろしくな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  13. 一般人 より:

    今日は、ここまでにします。また明日打ちます。所で、皆って車好き?俺は、好きだぜ!乗るのも見るのもな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  14. 一般人 より:

    チェレンは指をバラバラに動かし始めた。
    ゆかりん「あっ!もう、無理!」
    ゆかりんは潮を吹いた。
    チェレン「ン、美味しい。」
    ゆかりん「えっ!?舐めちゃ駄目だよ!」
    チェレン「何で?美味しいのに。じゃあ、そろそろ入れるよ?いい?」
    ゆかりん「いいよ、きて?」
    チェレンは自身を取り出すとゆかりんの中に入れた。
    ゆかりん「ああっ!」
    チェレン「じゃあ、動かすよ?」
    チェレンは腰を激しく動かした。
    ゆかりん「あっ!チェレン!イク!」
    チェレン「クッ!僕も!」
    そして、チェレンはゆかりんの中に出した。
    チェレン「フフ、やっぱりゆかりんは僕の、最高の彼女だよ。」
    ゆかりん「じゃあ、チェレンは私の最高の彼氏だね!」
    終わり。

  15. 一般人 より:

    ゆかりん「うん、いいよ。///////」
    ヒューズ「マジで?めっちゃ嬉しい!俺、ゆかりんと楽しい家庭を築くからな!」
    ゆかりん「私も、ヒューズさんと!ってあれ?ここは!私の、部屋じゃない!って事は先のは全部夢!?ウワァ!ヒューズさんにプロポーズされる夢なんて!何か、恥ずかしいからもう一度寝直そう。」
    新婚編。
    ゆかりん「さてと、もう寝よう。おやすみなさい。」
    ゆかりん「ヒューズさん、起きてください。朝ですよ。」
    ヒューズ「おお!めっちゃいい匂いだな!今日の朝ご飯はこれかぁ!美味そう!」
    ゆかりん「ヒューズさん、ご飯の前に顔を洗ってきてね。後、髪も梳かさないと。」
    ヒューズ「おっ!そうだったな!じゃあ、やってくるわ!」
    そして。
    ヒューズ「よし!準備OK!早速、飯を食うぞ!いただきます!」
    ゆかりん「いただきます。」
    ヒューズ「おお!美味い!ゆかりんの作った飯は美味いなぁ!」
    ゆかりん「そんな、大袈裟だよ。」
    続く。

  16. プラム より:

    確かに、全部のゲームが出来るゲーム機欲しいよなぁ!任天堂で作ってくれねぇかなぁ!何か、お客様のリクエストみたいなのがあればいいのにな!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  17. 一般人 より:

    ゆかりん「えっ!?このチケットってプレミアチケットじゃないですか!いいんですか?こんな高価なの!」
    千尋「いいの、いいの。マフィンのお礼じゃないけどさ。受け取ってよ。それからさ、俺達の歌が終わったら、俺達のスタジオにおいでよ。」
    ゆかりん「えっ!?い、いいんですか?」
    千尋「ああ、別にいいよ。」
    ゆかりん「ありがとうございます!ワァ!当日が楽しみだな!」
    そして、当日。
    ゆかりん「ウワァ!ここが、プレミア席!凄い!皆の表情がよく見える!」
    そして、歌は終わった。
    そして、ここは通路。
    ゆかりん「えーと、控室ってこっちかなぁ?」
    すると、そこにスタッフがやってきた。
    続く。

  18. 麻季 より:

    全部のゲームが一つのゲーム機で出来たら楽でいいだろうな。どんなゲーム機の奴でも買えるやん。

  19. 一般人 より:

    それは、分らんでもない。(汗)
    ゆかりん「フゥ、スッキリした。そうだ、喉も乾いたしジュースでも買おう。」
    ここは、休憩室。
    千尋「あれ?お前は、先俺に、マフィンをくれた奴!」
    ゆかりん「えっ!?ええっ!?ち、千尋さん!?」
    千尋「シー!静かにしろ!俺が、ここにいる事はファンには内緒だぞ?」
    ゆかりん「あ、はい!」
    千尋「所で、お前、名前なんて言うんだ?」
    ゆかりん「豊臣ゆかりんです。」
    千尋「へぇ、ゆかりんって言うのか。ってかさ、お前の作ってくれたマフィンマジで美味かった。気に行っちまったよ。ありがとな。」
    ゆかりん「あ、どういたしましてです。」
    千尋「俺達アイドルってさ、こう見えて食事も出来ないぐらい忙しい時ってあってさ。本当に困るんだよな。」
    ゆかりん「そうなんですね。」
    千尋「ああ、だからお前のマフィンまた食いたくなった。そうだ!今度、コンサートがあるんだよ。それに、来てくれねぇか?ほら、これチケットやるから。」
    そう言うと千尋はゆかりんにチケットを渡した。
    続く。

  20. マーブル より:

    二人共、お帰り。何か、任天堂スイッチ2が6月に発売するらしいね。俺は、買う気はないけれど、何か新機能とか追加されるのかな?出来れば、どのゲームでも出来る機会を任天堂には開発してもらいたい物だね。

  21. 一般人 より:

    ゆかりん「ヒューズさん!ってあれ?ここ私の部屋じゃない!って事は先のは夢!?ウワァ!まさか、ヒューズさんがアイドルになる夢を見るなんて!さてと、もう一度寝よう。」
    プロポーズ編。
    ゆかりん「さてと、そろそろ寝ようかな。おやすみなさい。」
    ヒューズ「ゆかりん、起きてよー。」
    ゆかりん「ンッ?ヒューズさん?何で、家にいるの?」
    ヒューズ「ハァ?お前、寝ぼけてるのか?俺達、先月付き合って同居したばかりだろ?」
    ゆかりん「(ゆかりんの心の声)あっ!そうだった!私と、ヒューズさんは先月付き合って同居したんだったっけ!(ゆかりんの心の声終わり)ああ、ごめんね!ちょっと、寝ぼけてたみたい!」
    ヒューズ「全く、ゆかりんはしょうがないなぁ。それよりも、俺達そろそろ結婚しないか?」
    ゆかりん「えっ!?結婚!?」
    ヒューズ「ああ、俺、バツイチだけどさ、ゆかりんといてスゲー楽しいんだ。だからさ、俺と結婚してくれないか?」
    続く。

  22. 佑香 より:

    私も、今、帰ったよ。そうだねー。まぁ、私は家出ないから関係ないけどね。

  23. 一般人 より:

    今、帰ったので続き打つね。明日も、雪降るんだってさ。嫌だねぇ。

  24. 佑香 より:

    行ってらっしゃい。ってか、そう言う私も、これから出掛けてくるけどね。(汗)じゃあねー。

  25. 一般人 より:

    確かに、そうだね。(汗)じゃあ、今日は、出掛けてくるんで。じゃあね。

  26. 反射神経 より:

    今日のテーマは、愉快だと思った事ですがいいや。そうですねぇ、最近のゲームって難しいからクリアするのも大変ですよねぇ。(汗)

  27. 一般人 より:

    もはよう。ご飯食べて来る。所で、皆はクリアできるゲームってある?俺は、結構少ないぞ!

  28. 理由 より:

    719コメントおめでとう。ハルカさん、気にせんでいいよ。所で、これ、頑張れば10000000コメントぐらいいけるんじゃね?何処まで、コメント伸ばせるか見ものだな!じゃあ、明日の担当は、反射神経さんだぜ!よろしくな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  29. 一般人 より:

    俺も、ゲーム夢中になっちゃうとやめられないんだよねぇ!じゃあ、今日は、これぐらいで終わりね。また明日打ちます。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  30. ハルカ より:

    すいません!今日のテーマ打つの忘れてました!今日のテーマは、やめられない事ですが、皆さんは、何かやめられない事ってありますか?私は、ゲームです!