【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.743件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。
今回は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
操作法は、マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたらマウスボタン連打で目線ビームを発射し、ライバルとの勝負!
ゲームが進んでいくと「謎の隠れイケメン」が出現してくるよ。
最初の広告はちょいガマン..

This game was finished.
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. 一般人 より:

    パラレルモード。
    ゆかりん「さてと、そろそろ寝よう。おやすみなさい。」
    ゆかりん「ンッ?あそこにいるのはヒューズさんじゃない。あれ?何で、眼鏡外してるんだろう。おーい!ヒューズさん!」
    ヒューズ「えっ!?ゆ、ゆかりん!」
    ゆかりん「えっ?どうしたの?」
    ヒューズ「駄目だよ!俺は、アイドルで今、極秘で休みを楽しんでるんだから声掛けるなよ!ファンの野郎に気付かれるだろ!」
    ゆかりん「(ゆかりんの心の声)そうだった!ヒューズさんは先月、アイドルのオーディションで見事合格してアイドルグループに入ってアイドルになって凄く人気が出て今女の子からも大人気で引っ張りだこになってるんだよね。だからなのか全然会えないんだよね。私達、付き合ってるのに。(ゆかりんの心の声終わり)あ、ごめんね。」
    ヒューズ「あ、ワリィ。ちょっと、強く言い過ぎた。」
    ゆかりん「いいの。気にしないで。」
    ヒューズ「あのさ、これからはもっと会えるように努力するよ。だから、お前も俺に会いに来てくれ。」
    ゆかりん「うん!勿論だよ!」
    ヒューズ「サンキュー!めっちゃ、嬉しいぜ!これで、アイドル活動頑張れそうだ!」
    続く。

  2. 一般人 より:

    ゆかりん「えっ!?ひゅ、ヒューズさん!?どうして私の部屋に!」
    ヒューズ「シー!大声出すなって!誰かにバレたらどうするんだ!」
    ゆかりん「ご、ごめんなさい!所で、ヒューズさんはどうしてここに?」
    ヒューズ「すまない。俺、この気持ちを抑える事が出来なかったんだ!」
    ゆかりん「えっ!?気持ちって?」
    ヒューズ「俺は、お前が好きだ。だから、お前を俺のものにする!」
    そう言うとヒューズはゆかりんをベッドに押し倒した。
    ゆかりん「キャッ!」
    ヒューズ「ずっと、大切にするぜ?ゆかりん。」
    ゆかりん「ひゅ、ヒューズさん!」
    夢終わり。
    ゆかりん「私も、ヒューズさんが!ってあれ?ここ、私の部屋!?って事は先のは全部夢!?ウワァ!恥ずかしい!まさか、ヒューズさんが夜這いしてくる夢を見るなんて!明日、ヒューズさんの顔を見てちゃんと喋れるか心配だわ。(汗)さてと、寝直そう。」
    続く。

  3. 一般人 より:

    間違ってサイト全部消しちゃった。(汗)
    チェレンはゆかりんと共に自室にやって来るとゆかりんにキスしてゆかりんをベッドに押し倒した。
    そして、チェレンは眼鏡を外すと眼鏡を棚に置いた。
    ゆかりん「チェレン、眼鏡外してるけど見えるの?」
    チェレン「うん、平気。僕、コンタクトしてるから。」
    ゆかりん「そ、そうなんだ。(汗)」
    チェレン「うん、じゃあするよ?いい?」
    ゆかりん「うん、いいよ。」
    チェレンはゆかりんの服を脱がした。
    そして、ゆかりんの胸を揉んだり吸ったり甘嚙みしたり舐めたりした。
    ゆかりん「ああっ!」
    チェレン「フフ、いい感じ。」
    チェレンはゆかりんの秘部に指を入れた。
    チェレン「うん、よく濡れてる。」
    続く。

  4. プラム より:

    俺も、いろんなジャンルのゲームやるよ!ホラーゲームでもルイージマンションはホラーゲームだけど、それ程怖くないんだよなぁ!これが!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  5. 一般人 より:

    俺は、いろんなジャンルのゲームやるよ。ただ、ホラーゲームは怖いからやらない。
    ゆかりん「ちぇ、チェレン。////////」
    チェレン「じゃ、逆に質問するけれど、ゆかりんこそどうして僕を選んだの?」
    ゆかりん「そ、それは強くてカッコイイし優しいから。それに、チェレンは何か気が合う友達みたいな感じで凄く親しみやすかったから。」
    チェレン「フーン、成る程ね。そこまで言われるとは。嬉しいよ。ありがとう。」
    そう言うとチェレンはゆかりんにキスした。
    ゆかりん「ンッ、チェレン。」
    チェレン「悪い、そのしたくなった。////////」
    ゆかりん「ええっ!?///////」
    チェレン「駄目か?」
    ゆかりん「い、いいけど。///////」
    続く。

  6. ピオニー より:

    皆は、どんなゲームをやってるんだ?俺は、RPGだな!

  7. 一般人 より:

    くだらない話。チェレン。
    どうも!ゆかりんです!今日は、チェレンに質問したい事があるので聞いてみたいと思います!
    ゆかりん「ねぇ、チェレン。質問してもいい?」
    チェレン「いいけど、何?」
    ゆかりん「チェレンは何で私と付き合ったの?」
    チェレン「ハァ?いきなり何を言うのさ。君は。」
    そう言いながらチェレンは呆れた顔でゆかりんを見つめた。
    ゆかりん「だって、気になるんだもん。」
    すると、チェレンはまたため息をつくと言った。
    チェレン「ハァ、愚問過ぎて頭が痛いよ。」
    ゆかりん「なっ!そんな言い方ないじゃない!」
    チェレン「あのさぁ、僕が何で君を選んだのかについてだけど、僕は君がゆかりんが好きだから選んだんだよ。」
    ゆかりん「どういう事?だって、世の中にはいろんな女の子がいるじゃない。」
    チェレン「まあね。でも、他の女なんていらない。俺は、ゆかりんだけでいい。」
    続く。

  8. マーブル より:

    俺は、あっぱれ戦国が好きだな。面白いと言うかあれは感動するね。

  9. 一般人 より:

    面白いよな!クレヨンしんちゃんの三分ぽっきり!確かに、ガッシュベルは何でクリアノート編までやらなかったのか気になるよな!
    ヒューズ「ああ、よかったら一緒に昼飯食いに行くか?」
    ゆかりん「えっ?いいの?」
    ヒューズ「ああ、行こうぜ!」
    ゆかりん「うん!」
    そして、ここは町中。
    ヒューズ「えーと、何処でご飯を食べようか?」
    ゆかりん「あそこにカフェがあるよ!あそこで食べよう!」
    ヒューズ「いいね!食べよう!」
    そして、お昼も食べて夜。
    ゆかりん「さてと、そろそろ寝よっと。おやすみなさい。」
    夜這いモード。
    ヒューズ「おい!ゆかりん!起きろよ!」
    ゆかりん「ン・・・・・ン?だ、誰?」
    ヒューズ「誰って俺だよ!ヒューズだよ!」
    続く。

  10. 佑香 より:

    私も、三分ぽっきりが好き!あれ、面白いから何回も見ちゃう!

  11. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来る。所で、皆ってクレヨンしんちゃんってどの映画が好き?俺は、三分ぽっきりだな!

  12. 理由 より:

    明日の担当打つの忘れてた。(汗)明日の担当は、ハルカさんだぜ!よろしくな。ってか、ポケルスってなくなってたんだね!スカーレットバイオレットで何でポケルスにならないんだろう?ってずっと思ってたよ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  13. 理由 より:

    ってか、金色のガッシュベルって何でアニメの放送クリアノート編までやらなかったんだろう。もしかして、ビックボインとか変なキャラがいっぱい出てきたせいかなぁ。

  14. 一般人 より:

    あ、漢字間違えた。(汗)連れたじゃなくて釣れたね。(汗)大変失礼いたしました。(汗)それじゃあ、今日はここまでにします。また明日打ちます。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  15. 一般人 より:

    ポケルスってマジで何なんだろうね?ちなみに、スカーレットバイオレットではポケルスは廃止になったそうだ。
    そして、暫くすると竿が動いた。
    ゆかりん「あっ!ヒューズさん!竿が動いてるよ!」
    ヒューズ「本当だ!よし!」
    ヒューズが竿を引くと魚が釣れた。
    ゆかりん「ヤッタァ!釣れた!」
    ヒューズ「うん、連れたね!ゆかりんがいてくれたお陰だよ!ありがとう!」
    ゆかりん「えっ?私は、何もしてないよ!」
    ヒューズ「嫌々、ゆかりんのお蔭だって。ありがとう。」
    ゆかりん「どういたしまして。」
    そして、お昼。
    ゆかりん「もう、お昼か。さてと、お昼はどうしよう。」
    すると、そこへヒューズがやってきた。
    ヒューズ「やぁ、ゆかりん。」
    ゆかりん「こんにちは。ヒューズさんも今からお昼?」
    続く。

  16. プラム より:

    俺は、鎌倉を作ったぞ!所で、ポケルスってマジで何なんだろうな?ポケモンの病気なのかな?何か、あれがポケモンにつくとやたらと経験値が手に入るんだよな!スカーレットバイオレットでもポケルスってあるのかねぇ。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  17. 一般人 より:

    そして、皆は部屋に着いた。
    ゆかりん「フゥ!さてと、今日から二泊三日皆と海を満喫するぞー!さてと、誰の所に行こうかな?」
    ここからは選択肢にします。
    まずは、ヒューズにします。
    ゆかりん「よし!ヒューズさんの所に行こう!」
    そして、ここは海。
    ゆかりん「ヒューズさん、何してるの?」
    ヒューズ「やぁ、ゆかりんか。釣りだよ。」
    ゆかりん「えっ?釣り?」
    ゆかりんがヒューズの方を見るとヒューズは釣竿を持って釣りをしていた。
    ヒューズ「海に来たらまず、釣りをしないとな!」
    ゆかりん「成る程、私見てていい?」
    ヒューズ「いいけど、つまらないと思うぞ?」
    ゆかりん「平気。」
    ヒューズ「そうか?じゃあ、こっち座りなよ。」
    そう言うとヒューズは魚を入れる桶を地面に置くと椅子を叩いた。
    ゆかりん「うん。」
    ゆかりんは椅子に座った。
    続く。

  18. 一般人 より:

    俺は、そり遊びしてた。
    フレイ「あ、ありがとう。」
    チロリ「あの龍に伝えてください。今までありがとう。感謝していますと。」
    そう言うとチロリは消えた。
    ゆかりん「き、消えた!?一体何だったの?」
    フレイ「さ、さぁ?それにしても、この青い石何だったのかしら?」
    レスト「さぁ?兎に角、セルザウィード様の所に戻ろう。」
    ???「お前ら、そんなにあいつが大事なのかよ!」
    ゆかりん「えっ!?」
    ゆかりん達が声のした方を見るとそこにはダグがいた。
    フレイ「だ、ダグ!?いつの間に!いつから、そこにいたの?」
    ダグ「お前らが、その青い石を置いた時にここに来たんだ。それより、お前らあの龍を助けるつもりかよ!」
    レスト「ああ、そうだよ!それがどうかしたのか?」
    続く。

  19. 英四朗 より:

    皆は、雪の日何をして遊んだ?ちなみに、俺は、雪合戦したぞ。

  20. 一般人 より:

    チロリ「貴方達、先程置いてあった青い石は持ってますか?」
    ゆかりん「えっ!?チロリが喋ってる?」
    フレイ「喋ってるって言うか直接頭の中に言葉が入ってくる!これは、テレパシーだわ!」
    チロリ「そうです。今、貴方方の頭に私は、直接語り掛けています。それよりも、貴方方は先程置いてあった青い石を持ってますか?」
    レスト「うん、一応持ってるけど。」
    レストは鞄から青い石を取り出した。
    フレイ「それを、先程戦ったデッドツリーのいた場所に置いてください。」
    ゆかりん「ああ、先のモンスターってそういう名前だったんだ。(汗)」
    レストは青い宝石をデッドツリーがいた場所に置いた。
    すると、周りがルーンで満たされた。
    フレイ「ワァ!何これ!暖かい。」
    ゆかりん「うん、そうだね。自然と体と胸がポカポカしてくる。」
    チロリ「その石さえあればもうこの森は大丈夫です。これは、お返しします。」
    そう言うとチロリはフレイにセルザのお守りを返した。
    続く。

  21. 一般人 より:

    今、帰ったのです!乗り切るさん、どうもありがとう。

  22. マーブル より:

    俺、一回ルイージマンション3DSの奴やった事あるんだけど難しすぎて途中でやめた経験がある。(汗)

  23. 乗り切る より:

    何、その会社エグイわ。(汗)まるで、ブラック企業だな。(汗)じゃあ、俺が小説続き打つねー。
    アッシュ「うん、行かないよ。だって、その車十二人しか乗れないもん。だから、爺や皆の事よろしくねー。」
    爺や「はい、お任せください。アッシュ坊ちゃま。」
    アッシュ「ちなみに、旅行は二泊三日だからねー。」
    ゆかりん「OK、分かったわ。」
    そして、次の日。
    ゆかりん「よし!今日から、アッシュのプライベートビーチに行くんだよね!よーし!沢山遊ぶぞー!」
    そして、ここはホテル。
    ヒューズ「ウワァ!結構豪華なホテルだな!まさか、ここもアッシュが所有しているホテルだったとはな。(汗)」
    紅炎「全く、金持ちのやる事はいつになっても分からんな。(汗)」
    正隆「右に同じ。(汗)」
    爺や「では、皆様のお部屋はこちらになります。夕飯の時間は七時、昼食は各自自由におとりください。後、何かございましたら私をお呼びください。いつでも駆け付けますので。では。」
    続く。

  24. 佑香 より:

    まぁ、祝日でも家のお母さんの会社は仕事ある時はあるけどね。(汗)何か、家のお母さんが働いてる会社相当変なシステムの休みをとらせる会社みたいだからね。(汗)

  25. 乗り切る より:

    行ってらっしゃい。どうなんだろうか。試してみないと分かんないけど、多分消えるんじゃね?所で、今日のテーマは、本気ですがいいや。ってか、今日祝日なのに一般人さんは仕事なんて大変ですね。(汗)頑張ってくださいね!

  26. 一般人 より:

    おはよう。ご飯食べて来たから仕事に行くね。所で、ポケモンのきあいのタスキって一度使ったら消えるのかなあ。じゃあね。

  27. 理由 より:

    今日の、夜も雪積もらないといいな!明日も積もったら流石にキツイ。(汗)じゃあ、明日の担当は、乗り切るさんだぜ!よろしな。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  28. 一般人 より:

    そうだねぇ、取り合えず、ここのサイトに俺ら以外の奴らが来ない事を切に願うよ。(汗)じゃあ、今日は、ここまでにします。また明日打ちます。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  29. プラム より:

    718コメントおめでとう。今日は、雪凄かったよな!俺も、雪かきに追われたぜ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  30. 一般人 より:

    ちなみに、皆と海に行くはR18は打ちません。面倒なので。その代わり、新婚、プロポーズ、パラレル、夜這いは打ちます。
    椎名「別に、ゆかりんはじゃんけんに参加しなくてもいいんじゃない?ゆかりんは参加決定って事で。いいよな?アッシュ。」
    アッシュ「うん、僕は別に構わないよ。」
    ゆかりん「ええっ!?い、いいのかな?」
    タクミ「アッシュがいいって言ってるんだからいいんじゃないの?別に。」
    ゆかりん「うん、分かった。」
    ヒューズ「じゃあ、じゃんけんするぞ!いくぞ!」
    全「最初はグー!ジャンケンポン!」
    そして、じゃんけんの結果、ヒューズ、紅炎、スヴェン、正隆、紅明、シャルルカン、ジャファール、鴨太郎、スパルトスが行くことになった。
    ヒューズ「イエイ!ヤッタァ!」
    アッシュ「うん、メンバー決定だね。じゃあ旅行は明日だから楽しんでおいで。」
    ゆかりん「えっ?アッシュは行かないの?」
    続く。