【Flashゲームが遊べない場合の対処法】
スポンサーリンク
アクションゲーム

必殺ラブラブビーム! 聖ロマンス学園 ビーチ DA どっきん♪パラダイス

このゲームの評価

星をクリックして評価してください。

平均評価:3.633件)

チャンス!最初の評価者になろう!

ライバル女子に負けないようイケメン男子をハントする「聖ロマンス学園」の続編ゲーム。今度は夏のビーチでイケメン男子を落としまくろう。
マウスの位置で移動。クリックでターゲットを落とし、ライバルが現れたら連打で勝負!謎の隠れイケメンとは…?
最初の広告はちょいガマン。

This game was finished
いつもナイスなコメントありがとう!攻略法とかもあったら教えてね。

コメント一覧

  1. 佑香 より:

    私のパソコン何か、ゲームとか動画見てると、録画している映像がたまにぶれてる時があるんだよね!多分、磁場のせいだと思うんだ!じゃあ、また後でね。

  2. プラム より:

    ちなみに、ヴォルカノン達はその他の町の人々です。その他の町の人々の続き。ポコリーヌ。ポコリーヌキッチンの店長で世界屈指のレストランで修行を積んできた実力派シェフで困ってる人に手を差し伸べる優しい人。つまみ食いをしながら料理をするため、沢山食料があっても完成するのはごくわずか。アーサーとディラスを家に住まわせてあげている。家はかなりデカイ。佑香にしょっちゅう「結婚してください。」と言ってくる。佑香の友達。ジョーンズ。妻のナンシーと一緒に病院「小さな包帯。」を営んでいる。町でただ一人の医者。医者だが血が苦手で毎日、トマトジュースを飲んで克服している。血を見ると態度が豹変する。ドルチェ達と暮らしておりドルチェ達のことを本当の娘のように可愛がっている。佑香の友達。ナンシー。ジョーンズの妻で病院で看護婦として働いている。お喋りが好きで話し相手が訪ねて来てくれることを楽しみにしている。ドルチェ達と暮らしておりドルチェ達のことを本当の娘のように可愛がっている。佑香の友達。リンファ。明るくおっとりした人でシャオパイの母親。お風呂屋の店長。幸運に恵まれていて失敗があっても結果的に上手くいくことが多い。色々と可哀想なシャオパイの事を可愛いと思っている。佑香の友達。エルミナータ。推理が冴え渡る町の探偵。大のお茶好きで午後のティータイムは欠かさない。コハクからは「エッちゃん。」と呼ばれている。コハクと一緒に暮らしている。「重要なことは考えることよ。」と言いつつ町中を走り回っている。佑香の友達。服部平次と夢水清志郎とラキとリョウニは同じ探偵なのでライバルであり時には協力する仲間として認めている。ブロッサム。雑貨屋を営むお婆さん。普段は元気だが、体の調子が良くない時は医者へ通っている。ダグと一緒に暮らしている。ダグのことを実の孫のように可愛がっている。バド。いまいち頑張りの足りない、鍛冶屋の主人。楽をしてお金を儲けることを人生の目的にして、怪しげなアイテムを売ろうとするが、設けた試しはない。佑香のことが好き。当初は、佑香と付き合っている設定だったが作者の佑香によって変更された。セルザウィード。セルフィアの町を守っている龍。理由があって「竜の間」から外に出ることが出来ない。佑香に姫の仕事を頼んだ。四幻竜の一匹。実は寂しがり屋でディラス達とは友達だった。佑香の友達。ちなみに性別はメス。以上だよ。じゃあ、俺仕事頑張る。

  3. プラム より:

    キール。フォルテの弟で招来は誰かの役に立てる存在でありたいと考え勉強している人で、好奇心旺盛で噂好きだが色々と知りたい性格から、やりすぎてしまうことも。佑香のことが好き。ダグ。ドワーフの人で町の雑貨屋で働いて暮らしている。熱血漢でお調子者だが根は真面目。食べることが好きで大食い。佑香のことが好き。ディラスとよく言い争いをしている。レオン。サルコファガスのモンスターで人間の姿をしている。とある都市の神官だった人飄々とした性格で真面目な人間をからかうが、本当は他人に気を使うタイプ。佑香のことが好き。シャオパイのお風呂屋で暮らしている。ヴォルカノン。セルザウィードに使える老執事。執事としての腕は一流だが、勝手に感動して行動を起こしている。花梨と付き合っている。佑香のことを実の娘のように可愛がっている。町原花梨。セルフィアの町の隣の町に暮らしている人で佑香の友達。お菓子屋さんで働いている。ヴォルカノンと付き合っている。お菓子作りが得意でよくセルフィアにお菓子を届けに来る。ピコ。いつもドルチェにくっついている幽霊で、ドルチェ以外触れることが出来ない。必要以上にドルチェとスキンシップを取ろうとするが露骨すぎる部分もあって、危ない基準←(漢字が読めないので適当に打ちます)まで達することも。長くなるので続く。

  4. プラム より:

    ちなみに、打つの忘れてましたがドルチェも佑香の友達です。シャオパイ。リンファの娘でお風呂屋の看板娘。しっかり者の頑張り屋さんだが、ついつい頑張りすぎて失敗することも。時々道端で転んでいる。佑香の友達。クローリカ。執事見習いとしてヴォルカノンの元で修行している人で仕事はできるが、ボーッとしてるかと思うと、いつの間にか立ったまま居眠りしていることがある。立ったままでも居眠りをしていても仕事をこなすことが出来る。ビシュナルの先輩。佑香の友達。ルーンファクトリー4のお婿さん候補。ビシュナル。一日でも早く一人前の執事になるため日々の訓練を欠かさない人で執事になるためには何でも出来ないと駄目だと思っている。佑香の友達。一人前にこだわっている。人の話を素直に聞きすぎてしまい、騙されてしまうようなことも。佑香のことが好き。クローリカの後輩。ディラス。馬の姿のモンスターだったが佑香にやっつけられて人間の姿になりポコリーヌの家で仕事を手伝い暮らしている。物静かで言葉が足りず誤解を与えてしまうことが多い不器用な性格。佑香と付き合っている。佑香が他の男に狙われているので気が気じゃない。ダグとよく言い争いをしている。アーサー。セルフィアの町の王子で交渉事が得意で町では貿易の仕事に毎日追われている。そのため、余り眠っていないようだ。ポコリーヌの家で暮らしている。可愛い物が好きという意外な一面も。佑香の友達。眼鏡を沢山集めている。モンスターのモコモコがお気に入り。佑香のことが好き。長くなるので続く。

  5. プラム より:

    登場人物紹介。豊臣佑香。豊臣秀吉の娘で娘心配病の父とも離れて暮らしている。セルフィアの町に引っ越してきた。ポケモンとバトスピカードで戦う。セルフィアの町で出会ったセルザウィードに、セルフィアの町の姫にされる。ディラスと付き合っている。歌うことが好き。当初は、バドと付き合っている設定だったが作者の佑香によって設定を変更された。ルーンファクトリー4のお嫁さん候補の人達。マーガレット。エルフの少女で真面目で面倒見が良い。愛称は、メグ。親しみのある人には愛称で呼ばせている。音楽家であり、ポコリーヌの食堂で日々その歌声を披露して食事客達を楽しませている。佑香と歌うことが好き。極度の高所恐怖症だが、何故か町の崖っぷちに家を建てて住んでいる。佑香の友達。コハク。元、蝶のモンスターで佑香にやっつけられて人間の姿になり町で暮らすようになった。天然で明るく、モンスターであったため世間知らずである。昼を好み、天気のいい日は日向ぼっこしている。寒いのが苦手。佑香の友達。現在は、エルミナータの家で花屋の仕事を手伝いエルミナータの家で暮らしている。フォルテ。キールの姉で騎士。セルフィアの町を守るため日々、鍛錬している。礼儀正しく真面目な性格だが、時には頑固な一面も見せる。甘い物が好きでお化けが苦手。佑香の友達。料理が苦手なので練習しているが殆どの料理はキールが作っている。両親は既に他界している。ドルチェ。マリネッタというモンスターだったが佑香にやっつけられて人間の姿になり、現在はジョーンズとナンシーが経営する小さな包帯で病院の手伝いをしナンシー達の家で暮らしている。クールな性格で言葉に棘があるが実はツンデレである。ピコとは大の仲良し?長くなるので続く。

  6. プラム より:

    ルーンファクトリー4でムカつく点がまだあったわ!敵からダメージ喰らうと、食べ物食べてたのに食べてなかった事になるからムカつく。せめて、食べてる間は無敵とかになってほしかったね。じゃあ、俺らの世界でやっているルーンファクトリー4を打ち直すぜ。じゃあ、長くなるので続く。

  7. マーブル より:

    実は、家の兄貴も霊感強いんやで。だから、お化け屋敷とかに行くとすぐ具合悪くなるんだよな!やっぱり、そういった場所に行くと見えるんだって!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  8. 佑香 より:

    へぇ、プラムの従兄弟って霊感強いんだ!家の姉ちゃんも昔は、霊感強かったけれど、今は見えないみたい。じゃあ、また明日コメントしようね。

  9. プラム より:

    俺の従兄弟って実は、物凄く霊感が強くてさ、そういう場所とか、お化け屋敷に行くと何かしらの霊が見えるんだってさ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  10. マーブル より:

    山崎いろは。(宮本)竜二の奥さんで佑香の後輩。佑香の事を「佑香先輩。」と言って慕っている。佑香とは友達同士。竜二とは相思相愛の仲である。料理が苦手だったが佑香と百合子と一緒に料理の勉強をしたお陰で料理上手になった。豊臣ロック。(ロック・ハワード)佑香と承太郎達の義理の弟で長男。ギース・ハワードの息子で父親のギース・ハワードとは母親が死亡した際に、ギースが看取りに来なかったためギースを恨んでいたが後に和解した。佑香のことを「佑香姉さん。」と言って慕っている。しかし、最近では佑香を姉ではなく女として見るようになっている。豊臣佐助。佑香と承太郎達の義理の弟で次男。真田十勇士の一人。男性陣のことを全員「〇〇の旦那。」と呼んでいる。佑香のことを「佑香姉さん。」と言って慕っている。ギース・ハワード。ロックの父親でギース商事の社長。ザ・キング・オブ・ファイターズの世界では死亡している?が佑香が作ったフシ魔女では生きている。佑香からは「ギース叔父様。」と言われているが特に秀吉とは叔父とかの関係ではない。秀吉と親友になった。妻が亡くなった際に看取りに来なかったためロックに恨まれていたが後に和解した。以上だよ。じゃあ、俺仕事頑張る。

  11. マーブル より:

    確かに、それは言えてるな!じゃあ、続きを打つ。豊臣承太郎。(空条)豊臣家の長男で佑香達の義理の兄。「やれやれだぜ。」が口癖。スタンド使い。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。ライバルであるDIOとは何故かいつも一緒に行動している。DIOと同じく時を止める能力が使える。父親である秀吉から豊臣家を継いだ。豊臣DIO。豊臣家の次男で佑香達の義理の兄で承太郎の義理の弟。時を止める能力を使えるスタンド使い。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。ライバルである承太郎とは何故かいつも一緒に行動している。豊臣クリザリッド。豊臣家の三男で佑香達の義理の兄で承太郎の義理の弟。オロチと言う悪者に操られていたが佑香のお陰で、元に戻った。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。何故か、ゲーニッツと行動を共にしている。豊臣ゲーニッツ。豊臣家の四男で佑香達の義理の兄で承太郎の義理の弟。オロチと言う悪者に操られていたが佑香のお陰で、元に戻った。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。風を操る能力が使える。何故か、クリザリッドと行動を共にしている。豊臣誠。(溝口)豊臣家の五男で佑香達の義理の兄で承太郎の弟。「溝口ー!」と言うのが口癖。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。かなりの熱血人で佑香以外の人物からは暑苦しいと思われている。豊臣竜二。(山崎)豊臣家の六男で佑香達の義理の兄で承太郎の弟。不良ではあるがとても優しい。佑香の事を実の妹のように可愛がっている。現在は、いろはと結婚したため家では暮らしていない。いろはとは相思相愛の仲である。ちなみに、承太郎達は秀吉達の城の隣りにある大豪邸で暮らしています。ちなみに、頼達が佑香の義理の兄として蜂人ほどいましたが、秀吉に紛らわしくて覚えられないとのことで義理兄弟の縁を切られています。長くなるので続く。

  12. 佑香 より:

    確かに、東京は今感染者多いからあんまり、こっちには来ないほうがいいかもね!何か、他県ナンバーの人って石転とか投げられたりするんだってさ!そんな事するなんて同じ人間としてどうかと思うわ。(汗)じゃあ、また後でね。

  13. プラム より:

    俺ん家の従兄弟、五月連休に来るはずだったんだけれど、今、コロナで外出制限されてるから、今回は来ないって言ってたぜ!何せ、俺の従兄弟、東京に住んでるからな。(汗)じゃあ、俺仕事頑張る。

  14. マーブル より:

    確かに、横になってるとたまに寝ちゃう時あるよな!分かるよ!それ!それじゃあ、豊臣家の人物を打ち直しするぜ。豊臣佑香。(佐藤)フシ魔女の主人公であり、豊臣秀吉の義理の娘であり承太郎達の義理の妹であり、ロック、佐助の義理の姉。当初は、豊臣家の娘という設定だったが作者の佑香によって義理の娘に変更された。赤ん坊の頃に、本当の父と母が仕事の都合で←(決して育児放棄とかではない)佑香を救命ポッドにいれて、宇宙町に落とされ、秀吉らに10歳の頃まで育てられるが再び地球に送り返され20の誕生日の日に偶然隣の空き地にあった大きな穴から←(後に扉になった)宇宙町にやってきた。現在は、隣の空き地に家が建ったため、急遽、宇宙町へ続く扉を公園に移動した。普段は、新選組で用意されている女中の着物を着ている。現在は、桐生一馬と付き合っているが一馬の前にもアラタなどの男性と付き合っていたため、読者からは魔性の女扱いされている。←(当の佑香でさえもこんな性格になるとは思っていなかったとの事)ポケモンやバトスピカードで戦う。当初は、カードキャプターさくらのようにカードを使って戦っていたが使えない設定に変更された。←(なお、佑香が作ったハリーポッターでは使える)フシ魔女では阿伏兎達以外の男性軍を惚れさせるほどの美少女として描かれている。友達も多く、夏絵、和葉とは親友同士である。豊臣秀吉。佑香と承太郎達、ロック、佐助の義理の父親で豊臣財閥の社長で百合子の夫。なお、豊臣財閥は多くの人間に知られているほどの財閥である。若かりし頃はごっつくなかったが、百合子と結婚したことによってごっつくなった。妻の百合子には頭が上がらないが百合子とは相思相愛の仲である。百合子が子供を産めない体だと知り、承太郎達を養子にもらい佑香、ロック達、承太郎達を本当の息子と娘のように育て上げた。特に、佑香に関しては溺愛しており、佑香本人でさえも呆れるほどの、娘心配病になっている。当初は、佑香を他の男と結婚させないという意見を通していたが考えを改め自身が気に入った男なら佑香と結婚してもいいと言う結論を出した。義理の息子達の承太郎達には文句を言いつつも認めており承太郎に豊臣家を継がせた。ねねと言う婚約者がいたが婚約を解除した。百合子とは道に迷った際に百合子の家の前で出会った。ギースと親友になった。現在は、豊臣城で暮らしている。三成と家康を部下として雇っており家康が自身を裏切っても罪に問わなかった。吉田松陽と百合子の結婚式を妨害し結果的に百合子と結婚した。佑香からは「パパ。」承太郎達からは「親父。」と呼ばれている。豊臣百合子。佑香と承太郎達、ロック達の義理の母親で秀吉の妻。秀吉とは相思相愛の仲である。佑香、ロック達、承太郎達を本当の息子と娘のように育て上げた。佑香を溺愛する秀吉には呆れており、佑香に同情している。基本的に佑香の味方で秀吉を言いくるめることが多い。実は、病気がち←(現在は治っている)だったため子供の産めない体になっていた。そのため、承太郎達を養子として迎え入れた。ねねとは秀吉を巡って一度だけ対決し勝利している。その後、秀吉を諦めたねねと友達になる。実は、吉田松陽と婚約していたが本人曰く「いい人だったけれど、何か結婚したくなかった。」との事。秀吉とは秀吉が道に迷っていた際に、自身の家の前で出会った。その後、吉田松陽と結婚式まで出たが秀吉にそれを妨害されて結果的に秀吉と結婚した。現在は、豊臣城に暮らしている。佑香からは「ママ。」承太郎達からは「おふくろ。」と呼ばれている。長くなるので明日打つね。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  15. 佑香 より:

    今日も、お腹痛くて横になってたらうっかり寝ちゃってたし!で、寝てたらこんな時間になっちゃったよ!じゃあ、また明日コメントしようね。

  16. プラム より:

    夜になってきたら、風も収まってきたぜ。所で、俺小さい頃は逆上がりとか足掛け回しとか出来たのに今は、出来ないんだよなぁ!じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  17. マーブル より:

    今日は、風が強くて寒いからあんまり外にいたくないよ!ってか、風強いから外歩くのも大変だわ!じゃあ、俺仕事頑張る。

  18. 佑香 より:

    ポケモンスナップって任天堂Wiiで発売したゲームじゃない?調べてみたらやっぱり、任天堂Wiiだったよ!じゃあ、また後でね。

  19. プラム より:

    あー!もう!長くなるから続くとは打ったけれど、もう面倒だから打つのやめた!じゃあ、俺今日休みだから中古屋にでも行くわ。

  20. プラム より:

    じゃあ、続きを打つ。ちなみに、打つの忘れてましたがユースも佑香達と共に弾を探す旅に同行しています。プリム・マキーナ。麗しのソフィア号の乗組員の一人で佑香の友達。艦やスピリットをちゃん付けで呼んだり「メカっこいい。」「メカわいい。」と言ったメカを取り入れた言葉を喋る。白デッキを使う。佑香の事を「佑香お姉様。」と言って慕っている。メカいじりが得意で機械の修理などが出来る。弾を探すためにまい達と共に旅に出る。後に剣蔵とバトルしてバトル中の剣蔵の姿に惚れてしまい剣蔵を「剣様。」と呼ぶようになった。アンジュ・ロジェ。24世紀のアストロノーツ。宇宙の船でずっとコールドスリープにはいっていたが、クラッキーらによって目覚めた。自分に関係のないことは知らないらしく、24世紀時も激突王として有名だった弾の存在を知らなかった。弾を探すためにまい達と共に旅に出る。佑香の友達。兵堂剣蔵。元緑のコアの光主で佑香のことが好き。麗しのソフィア号には乗っていないが、クラッキー達のサポートをしている。ステラにはしょっちゅう名前を間違えられている。佑香の友達。佑香からは変わらず「剣蔵君。」と呼ばれている。弾を探すために調査を進めている。硯秀斗。元青のコアの光主で佑香のことが好き。麗しのソフィア号には乗ってはいないが世界中の放浪の旅に出ている。佑香からは変わらず「スズリン。」と呼ばれている。秀雄とは意気投合し秀雄のことを「兄さん。」と呼んで慕っている。ゾルダーからは「秀斗と秀雄で紛らわしい。」と言われた。弾を連れ戻すためには十二宮Xレアが必要であることを知り、クラッキー達のサポートをし十二宮Xレアを探している。青デッキの他に赤と黄色のデッキも使うようになった。長くなるので続く。

  21. プラム より:

    登場人物紹介。馬神弾。元赤のコアの光主。西暦☓☓☓年の世界にて時空の狭間に飲まれてしまい行方不明となってしまった。まいと付き合っている。そのため、皆の回想のみでの登場となった。佑香からは変わらず「弾君。」と呼ばれている。佑香の友達。最終話にて弾を見つけることに成功し、皆の元へ戻ってきている。豊臣佑香。豊臣秀吉の娘で娘心配の父とも離れて暮らしている。前回と同じく赤と黄色の混合デッキを使っている。麗しのソフィア号で旅をしていたが途中で出会った、デュックと付き合う。その後は、デュックの言付けで「もう二度とバトルをしない。」←(デュック曰く佑香の傷つく姿は見たくないとの事)と約束させられたためバトルをしていなかったがユースにバトルをしてくれと頼まれてデュックの言付けを破り、ユースとバトルした。その後、バトルしたことをあっさりとデュックにバレてしまったが自身の思いをデュックに打ち上げたことでバトルをしたい際にはデュックに許可を取るという条件を元にまたバトルフィールドに立つことが許可された。弾以外の男性軍に好かれている。まい達とは友達同士。まいと共に弾を探す旅に出る。紫乃宮まい。元紫の光主。赤と紫の混合デッキを使うようになった。麗しのソフィア号の乗組員の一人。佑香達と共に弾を探すために旅立つことになる。弾と付き合っている。佑香の友達。佑香からは変わらず「まいちゃん。」と呼ばれている。クラッキー・レイ。元黄色の光主。麗しのソフィア号の船長で船長帽を被っている。佑香のことが好きな気持ちは変わっておらず、佑香とデュックが付き合っていることに納得していない。佑香の友達。弾を探すためにまい達と共に旅に出る。佑香からは変わらず「クラッキー君。」と呼ばれている。ユース・グリンホルン。麗しのソフィア号の乗組員の一人で佑香の友達。赤と青の中心デッキを使う。佑香の事を「さん。」付で呼んでいる。佑香のことが好き。佑香にバトルを挑んだが一度は、デュックの言付けを守ろうとした佑香に拒否されるが佑香を説得し結果的に佑香とバトルし敗北した。佑香には負けたがますます、佑香に惚れた。バローネやクラッキー達が佑香を好きなことにいち早く気付いた。長くなるので明日打つね。じゃあ、また明日コメントしようぜ。

  22. プラム より:

    あ、文字また間違えてたし!大変失礼しました!ちなみに、勇貴の切り札は鎧神機ヴァルハランスです。剣蔵達のXレアについて。剣蔵達のXレアは佑香にプレゼントしたため現在は、赤デッキのXレアと白デッキのXレア以外は全て佑香が所持している。異界王とのバトルの際は純一達五人と一緒にバトルフィールドに立った。バトルスピリッツスター2の物語。時は、西暦☓☓☓年の世界。異界王との戦いから二年以上たった世界。佑香はまいに魔界に呼ばれて消え去った弾を探すために再びバトルをすることになる。長くなるので続く。

  23. マーブル より:

    ってかバトスピって40枚カードがないと出来ないんだな!俺、初めて知ったよ!後、アタックカードとかもちゃんと持ってないとな!ってか、俺達ってバトスピのルール知らないから適当にやってるけどな!じゃあ、俺仕事頑張る。

  24. 佑香 より:

    バトルスピリッツは少年撃破ダンとブレイヴが一番面白かったね!私、これを見てバトスピカードを集めてみようって思ったんだもん!じゃあ、また後でね。

  25. プラム より:

    バトルスピリッツ少年撃破ダンの変更点。佑香の持っているカードについて。皇帝師ジャイオネネット。赤デッキのXレアで実際にはないカードだったがオリジナルカード作成機で作ったことにより誕生したカード。姿はドラゴンのような姿で頭に王冠をつけている。バトスピ会では絶対に誰にも破れないカードとして恐れられている。デッキの効果。レベル3で相手のライフを三つ削ることが出来る効果を持つまさにデッキ破壊のカード。しかし、一時は異界王とのバトルでその効果を打ち破られてしまい、墓地に送られたがラブリーハートの効果時の墓地に送られたカード一体を復活させる効果によって再び蘇り異界王を倒せた。ラブリーハート。黄色デッキのカードで実際にはないカードだったがオリジナルカード作成機で作ったことにより誕生したカード。姿は天使そのもので手に弓矢を持っておりその弓矢の先はハートになっている。そのため、このカードはキューピッドをモチーフに作られた。デッキの効果。実は、マジックカードでレベル3の効果時で相手のライフを一つ削ることが出来る。佑香はジャイオネネットとコンボで使っていた。そのため本来の効果については佑香でさえ分かっていなかった。異界王戦でジャイオネネットが破れた際に佑香がラブリーハートの効果を読んで初めて知った。その効果は墓地に送られたカード一体を復活させるという効果だった。ラブリーハートの効果によってジャイオネネットは復活し異界王を倒した。オリジナルカード作成機。オリジナルカードを作る機会でこの機会で佑香はジャイオネネットとラブリーハートを作った。なお、誰でも作ることができ、何枚でもオリジナルカードを作ることが出来る。バトスピのダンとの変更点について。一、アニメバトスピのダンでは異界王とダンがバトルするはずだったが佑香の作ったバトスピのダンではダンの代わりに佑香がバトルしている。これは、異界王が佑香をバトル相手に指名したためである。長くなるので後で打つね。じゃあ、俺仕事頑張る。

  26. プラム より:

    なお、純一も普段は普段着でいます。なお、純一達も佑香の友達です。藤田均。新しい紫デッキの使い手でまいから紫デッキの全てもらった。そのため一時的に「魔界七将ベルゼビート。」を使用している。佑香のことが好き。バトルフォーム時にはスーツ姿になる。←(普段は瑞人と同じく普段着)なお、佑香よりも後にバトスピの世界に純一達と共にやってきた。佑香の友達。異界王との最終決戦にて佑香に協力するために佑香と一緒にバトルフィールドに立つ。真島芳樹。新しい緑デッキの使い手で剣蔵から緑デッキの全てをもらった。佑香の友達。そのため一時的に「剣王獣ビャク・ガロウ。」を使用している。佑香のことが好き。バトルフォーム時には植木職人のカッコになる。←(普段は瑞人と同じく普段着)実は、真島吾朗の従兄弟である。なお、佑香よりも後にバトスピの世界に純一達と一緒にやってきた。異界王との最終決戦にて佑香に協力するために佑香と一緒にバトルフィールドに立つ。河山彩奈。佑香の友達でバトスピのデッキは持っていないが佑香と共にバトスピの世界にやってきた。剣蔵の名前をわざと間違えて言う。異界王との最終決戦では佑香と異界王の戦いを見守った。長くなるので続く。

  27. プラム より:

    なお、勇貴も異界王と佑香のバトルを見守っていました。斯波純一。新しい赤デッキの使い手で切り札は「ジークヴルム・ノヴァ。」赤デッキの使い手となったきっかけは弾おデッキを見様見真似で集めていたから。弾からアドバイスを受ける。異界王との最終決戦にて佑香に協力するために佑香と一緒にバトルフィールドに立つ。バトルフォーム時には頭に帽子を被っている。←(普段は被っていない)なお、佑香よりも後にバトスピの世界に瑞人達と共にやってきた。佑香のことが好き。野宮瑞人。新しい青デッキの使い手で秀斗から青デッキを全てもらった。そのため一時的に「巨人大帝アレクサンダー。」を使用している。佑香のことが好き。異界王との最終決戦にて佑香に協力するために佑香と一緒にバトルフィールドに立つ。バトルフォーム時には着物を着ている。←(普段は普段着)なお、佑香よりも後にバトスピの世界に純一達と共にやってきた。尾崎秀雄。新しい黄色デッキの使い手でクラッキーから黄色デッキを全てもらった。そのため、一時的に「大天使イスフィール。」を使用している。佑香のことが好き。異界王との最終決戦にて佑香に協力するために佑香と一緒にバトルフィールドに立つ。バトルフォーム時には軍服を着ている。←(普段は瑞人と同じく普段着)なお、佑香よりも後にバトスピの世界にやってきた。長くなるので続く。

  28. プラム より:

    バトルスピリッツスターの物語。時は、西暦××年の世界。この世界にバトルスピリッツというカードゲームがあった。そんな中、この世界を壊そうとしている者がいた。その名は、異界王。異界王から世界を守るため、佑香達とコアの光主達が異界王にバトルスピリッツで勝負を挑む!あ、文字間違えた!あったがじゃなくてなったがでした!大変失礼しました!硯秀斗。青デッキの使い手で青の光主。青の王国の王子である。異界王との最終決戦で瑞人に青デッキを全てあげた。切り札は「巨人大帝アレクサンダー。」佑香からは「スズリン。」と呼ばれている。佑香のことが好き。秤動兵堂剣蔵。緑デッキの使い手で緑の光主。彩奈からは時々名前を間違えられるたび「剣蔵です!」とツッコミをいれている。切り札は「剣王獣ビャク・ガロウ。」佑香のことが好き。佑香からは「剣蔵君。」と呼ばれている。異界王との最終決戦で芳樹に緑デッキを全てあげた。百瀬勇貴。華実の兄で白デッキの使い手で白の光主。佑香のことが好き。当初は、佑香と付き合っている設定だったが作者の佑香によって付き合ってないことになった。アニメ版のバトスピでは亡くなっているが佑香の作ったバトスピでは生きている。百瀬華実。勇貴の妹で勇貴を「兄様。」と言って慕っている。佑香の友達。白と緑の混合デッキを使用する。喜怒哀楽の感情を表に出すことはないが佑香の側では普通に笑ったりしている。最期は、アニメ版のバトスピと同様異界王から勇貴を守るためにマザーコアを使用するがマザーコアを奪われてしまい死亡する。しかし、佑香の胸の中で今でも華実は生き続けている。セルジュ。異界魔族であり、誰に対しても丁寧に喋り近しい人間には「様。」付けて呼ぶ。まいの執事。佑香のことが好き。異界王。マザーコアを狙っているバトルスピリッツのラスボス。切り札は「幻羅星龍ガイ・アスラ。」佑香からはガイ・アスラの事をチートカードと呼んでいる。佑香の強さに惚れて佑香を花嫁にしようとしていたが佑香の切り札であったラブリーハートにカードを復活させる能力があったことに気付かれ結果敗北し消えていった。なお、マザーコアは結果的にマギサが受け継いだ。マギサ。異界魔女で持っている杖で光主を判別できる。元カードバトラーだったが異界王に負けてしまい、魔力の源であるデッキを奪われたため本人曰く、「出がらし。」の魔法しか使えない。最終話でマザーコアの光主そして女神となった。長くなるので続く。

  29. プラム より:

    バトルスピリッツスター。登場人物紹介。豊臣佑香。豊臣秀吉の娘で娘心配病の父とも離れて暮らしている。友達である彩奈と共にバトスピの世界にやってきた。黄色と赤の混合デッキの使い手で黄色デッキを使っている理由は可愛いからという理由でただ単に集めていただけである。切り札は最強のカードである「皇帝師ジャイオネネット。」と「ラブリーハート。」の二体である。異界王との最終決戦にて弾の代わりに異界王と勝負した際にはジャイオネネットを打ち破られたがラブリーハートにカードを復活させる能力があったためギリギリ勝てた。バトル時のバトルフォームはゴスロリのような服を着ている。いろんな←(弾達以外)の男性軍に好かれている。当初は、百瀬勇貴と付き合う予定だったが作者の佑香によって勇貴とは付き合ってないことになった。異界王から花嫁にされそうにあったが佑香が勝ったことによって事なきを得た。馬神弾。赤デッキの使い手で赤の光主。佑香の友達。異界王との最終決戦にて佑香に異界王との戦いを任せて佑香と異界王の戦いを見守った。新しい赤デッキの使い手である純一にアドバイスを与えた。佑香からは「弾君。」と呼ばれている。紫乃宮まい。紫デッキの使い手で佑香の友達。紫の光主。切り札は「魔界七将ベルゼビート。」異界王との最終決戦にて、均に紫デッキを全てあげた。佑香からは「まいちゃん。」と呼ばれている。クラッキー・レイ。黄色デッキの使い手で佑香の友達。黄色の光主。佑香のことが好き。佑香が自分と同じ黄色デッキを使っているので喜んでいる。切り札は「大天使イスフィール。」異界王の最終決戦にて、秀雄に黄色デッキを全てあげた。佑香からは「クラッキー君。」と呼ばれている。長くなるので続く。

  30. プラム より:

    どうも、プラムです。今回は、前にも打ちましたがバトルスピリッツを打ち直します。じゃあ、長くなるので続く。